[チョン・グンシクのコラム] 韓国観光産業の競争力

양정미 기자

登録 : 2020-01-15 15:40 | 修正 : 2020-01-15 15:59

[写真・執筆=ソウル大学のチョン・グンシク教授]

旅行と観光はよく政治的自由化や経済発展に影響を受けながら中間層(中流階級)の構造的動向を示す指標として考えられてきた。韓国の場合も同様だ。ソウルオリンピックを成功的に終えた韓国政府は、自信を持って1989年から海外旅行を自由化したが、以降30年が過ぎた2018年の統計によると、海外に出た韓国国民は年間2870万人で、海外旅行が自由化された最初の年に比べて24倍の増加を見せたという。経済成長、政治の民主化、東アジアの脱冷戦という3つの変数が、韓国観光産業の発展に大きな影響を及ぼしたといえる。

2018年度の世界旅行および観光産業は世界GDPの10.4%を占めており、似たような水準の雇用を創出するのに貢献した。日本と韓国、そして中国を中心に形成された東アジアツーリズムは、2010年代に至って量的に大きく成長しただけでなく、構造的変化を示した。まず、韓中間の旅行を見ると、2012年までには韓国から中国を訪れる観光客が中国から韓国を訪れる観光客よりも多かったが、2013年から逆転された。2017年、サード問題が韓中観光の構造を撹乱させる要因として作用したが、再び従来の様相を取り戻している。韓日間の旅行の変化も似ている。2013年までには日本から韓国を訪れる観光客が韓国から日本を訪れる観光客よりも多かったが、2014年から逆転され始め、その格差が急速に大きくなり始めた。これも最近の日本に対する旅行自制が影響を及ぼしている。中日間の観光はどうだろう? 2014年までには日本から中国を訪れる観光客が中国から日本を訪れる観光客より多かったが、2015年から逆転され、その格差が深刻化している。東アジアのツーリズムで歴史的・政治的変数が影響を与えるとはいえ、長期的に見れると、2010年代半ばに見せてくれた構造が固着される可能性が大きい。

だとすれば、世界で韓国観光産業の競争力はどの程度であり、観光産業の発展のためにどんな弱点を直すべきか?世界経済フォーラム(WEF)の統計によると、韓国の旅行および観光競争力指数は2015年度に29位、2017年に19位、2019年には140カ国のうち16位を記録した。継続的に改善されている。WEFの「2019旅行および観光競争力報告書」によると、日本は世界4位、中国は世界13位だった。この統計で香港は14位、シンガポールは17位、台湾は37位だった。この指数がどのように構成されているかをみると、その事情が理解できる。この競争力指数は大きく環境づくり、観光政策および基盤、インフラ、自然および文化資源など4つの分野で構成されており、これらを再び細部的に分類して計14の基準で構成している。古くから観光産業の振興に努めてきた日本は、多くの分野で優位を占めている反面、中国は自然と文化資源部門で最高の点数を受けたが、環境の持続可能性で問題があると指摘された。

韓国は観光政策および基盤部門で最も多くの改善されたが、価格競争力と天然資源部門で遅れていることが分かった。この二つの側面で弱点をどのように克服するか?国会立法調査処の報告書によると、今後10年間観光産業のGDP貢献度は約5割が増加し、観光産業が自然および文化資源と低コスト労働に依存していた従来の方式から、技術中心と熟練した専門人材に依存してする方法に変化すると予想した。では、韓国の観光産業の発展に向けた方向は、一方では価格競争力を回復できるようにすると同時に技術力を確保しなければならず、自然資源分野の弱点を補完するために南北を合わせた観光圏の形成が必要であるといえる。それだけでなく、文化遺産に対する再構成の努力が継続的に行われるこそ、魅力的な観光国として成長できるだろう。

東アジアにおける戦争と冷戦期の国家暴力の傷跡を残した記憶の場所は、国​​家間の競争と敵対によって長い間、互いに分離され、破片化された状態で放置されてきた。今やわれわれが東アジアの冷戦景観を一つにまとめて比較し、これらの共通点や違いを確認しながら、これらを共同体的平和を増進する交流と連帯の場所にしなければならない。冷戦景観を媒介とした観光が、一国の安保観光ではなく、地域的平和観光として定着できるような社会文化的条件を継続的に探求しなければならない。

 
top