レギンスブームに乗って・・・ぐんぐん伸びるエスルレジャーファッション市場
2009年の5000億ウォン水準から今年は3兆ウォンまで成長見通し
ゼクシィミックス・アンダールなど韓国ブランド強化…前年比100%以上↑

양정미 기자

登録 : 2020-01-16 14:15 | 修正 : 2020-01-16 14:15

[写真=亜洲経済]


最近、ファッション業界では「レギンス」がジーンズの隠れた強敵だ。レギンスは伸縮性の良い素材を使って体にぴったり合うように作られたパンツで、よく「チョルパジ(スパッツ)」と呼ばれる。ヨガスタジオやフィットネスクラブで運動するときに着ていた服と思われたレギンスが普段着になり、レギンス熱風が全世界に巻き起こっている。

15日、米国の人口統計局によると2017年、米国のレギンス輸入量は2億枚を越して初めてジーンズの輸入量を抜いた。米ブルームバーグ通信は、その後「米国はどのようにヨガパンツの国になったのか」というタイトルの記事を出したりもした。

韓国でもレギンスブームがすごい。韓国ファッション産業研究院は、レギンスを含むエスルレジャー市場規模が、2009年の5000億ウォン水準から2020年に3兆ウォンに達すると見通した。特に、2〜3年前から韓国の国産ブランドが国内レギンス市場を先導しているという点が注目に値する。代表走者はゼクシィミックス(xexymix)、アンダール(Andar)、ミュラウェア(mulawear)だ。

韓国のヨガウエア市場は2016年「ヨガウエアのシャネル」と呼ばれるカナダのブランド、ルルレモンなどの海外のヨガウエアを中心に成長した。しかし、ルルレモンは一般人が着るには多少高価なブランドであるという認識が強かった。このニッチ市場を狙って価性比(価格対比性能)で勝負をかけた韓国のヨガウエア企業が急成長した。

これらはすべて「運動オタク」が建てた会社であり、前年同期比100%以上の成長、活発な投資誘致はもちろん、株式公開(IPO)への挑戦を控えているという共通点がある。

運動マニアでありデザイナーであるイ・スヨン代表が率いているブランド、Xコーポレーション・ゼクシィミックスは、2018年の250億ウォンから昨年には800億ウォンまでに売上高が増加した。同じ時期に出発したアンダールは、初年度だけで売上高10億ウォンを記録、昨年には800億ウォンまで売り上げが上がった。アンダールは、「ヨガインストラクター」出身のシン・エリョン代表が陣頭指揮している。

女優イ・ハニをモデルに起用したミュラウェアは、ヘルストレーナー出身のチョ・ヒョンス代表が2011年にローンチした。ミュラウェアは2018年の売上高152億ウォン、昨年の決算基準で約330億ウォンが予想される。投資銀行(IB)業界によると、ミュラウェアは最近LBインベストメント、韓国投資証券などの機関から120億ウォンの投資を受けた。
top