サムスン物産、バングラデシュ「ダッカ空港拡張工事」1兆9197億ウォンに受注

박수정 기자

登録 : 2020-01-16 15:55 | 修正 : 2020-01-16 15:55

[サムスン物産、バングラデシュ「ダッカ空港拡張工事」1兆9197億ウォンに受注]



サムスン物産が日本企業2社とともに、計2兆8000億ウォン規模のバングラデシュのダッカ国際空港の拡張工事を受注した。

サムスン物産は15日、公示を通じてバングラデシュ航空庁が発注したダッカ・シャージャラル国際空港拡張工事の本契約を締結したと明らかにした。

この工事は1、2ターミナルを保有した現在の国際空港に、第3旅客ターミナルと駐車場、進入道路、係留場、貨物ターミナルなどを新築するプロジェクトである。 工事期間は着工後48ヵ月だ。

サムスン物産の関係者は"藤田、三菱など日本企業2社と共にプロジェクトを共同受注した"、"このうち、1兆9197億ウォンがサムスン物産の分だ"と話した。

サムスン物産は9月、バングラデシュのメグフナグハト複合火力発電所工事の受注後、ダッカ空港拡張工事まで連続受注し、現地の建設市場での立地を固めている。
top