​​現代・起亜自、英国電気車会社「アライバル」に1290億ウォン戦略投資

박수정 기자

登録 : 2020-01-17 15:40 | 修正 : 2020-01-17 15:40

[​​現代・起亜自、英国電気車会社「アライバル」に1290億ウォン戦略投資]



現代・起亜(ヒョンデ・キア)自動車が電気自動車などエコカー時代を繰り上げるため、攻撃的な投資に乗り出す。

現代・起亜自が目指す「クリーンモビリティ(Clean Mobility)」への転換を加速化するとともに、電気自動車開発競争力の優位を確保するためだ。

現代・起亜自は16日、英国の商業用電気自動車専門会社「アライバル(Arrival)」と「投資および電気車共同開発に対する契約」を締結したと明らかにした。

これに伴い、現代・起亜自はアライバルに1290億ウォン規模の戦略投資を実施し、都市に特化された小型商用電気車の開発のため、相互協力することにした。

双方の協業を基に、競争力のある価格のエコ商用電気車を欧州に優先的に披露し、早いスピードで成長している欧州商用電気自動車市場に積極的に対応する方針だ。

2015年に設立されたアライバルはバン(Van)、バスなど商用車中心の電気自動車開発専門企業で、本社が位置した英国以外に米国、ドイツ、イスラエル、ロシアなどに生産工場と研究開発拠点を確保している。

アライバルの強みはモジュール化された構造の「スケートボードプラットフォーム」技術にある。 電気車の核心部品であるバッテリーと駆動モーターを標準化されたモジュールの形でスケートボード模様のプラットフォームに搭載し、その上に用途によって多様な構造の車体を乗せる構造を意味する。

スケートボードプラットフォームの上に利用目的に応じて顧客に合わせた自動車上部を組み立てる「レゴブロック」のような単純化された製造方式だ。 電気車価格の大部分を占めているバッテリー、駆動部品を一つのパッケージにまとめて複数の車種に共有することで、コスト削減効果を享受できる。

また、一つのプラットフォームで個別顧客のニーズに最適化されたオーダーメード型車種の製作が可能で、車両開発期間を画期的に短縮できるという長所もある。 現在、アライバルはこの技術を活用して製作した貨物運送用バンを投入し、欧州内の多様な物流業者とテスト事業を進めている。

今後、現代・起亜自とアライバルは電気自動車専用スケートボードプラットフォーム基盤の中小型大きさの欧州戦略型バン、バスなど商用電気車の共同開発にも乗り出す。

アライバルに特化したモジュール型電気自動車プラットフォーム技術と現代・起亜自動車の大規模量産車開発力量が結合すれば、シナジー効果は最大化するものとみられる。

現在、全世界的なオンライン市場の急成長に伴い、小荷物配送のための都心部への車両乗り入れは増加している一方、環境規制は強化されており、商業用エコ車両の需要は持続的に増加することが予想される。

業界では物流運送用のグローバル小型電気商用車の市場規模が今年31万6000台レベルから2025年130万7000台に毎年33%以上成長するものと展望している。

特に欧州は2021年まで年間個別の自動車会社の平均二酸化炭素(CO2)排出量規制を従来の130g/kmから95g/kmに、約27%強化する。 CO2が1gの超過に1台当たり95ユーロのペナルティが課されるなど世界最高水準の環境規制導入が予告されている。

現代・起亜自が優先的に欧州戦略型商用電気自動車開発のため、アライバルと協力する理由だ。 現代・起亜自は欧州内の物流業者にバンやバスなど商用電気車を供給すると同時に、カーへリング、需要応答型シャトルサービスを提供するモビリティ会社にも小型電気車を供給できるものと期待している。

特に現代・起亜自が最近開発計画を明らかにした電気自動車基盤の「PBV(Purpose Built Vehicle:目的基盤モビリティ)」もスケートボードプラットフォーム技術を適用し、車両の用途に応じて多様なコンセプトのモデルを開発できる基盤を整えることになった。
top