「2300億ウォン投入するから追加融資せよ」・・・双竜車への悩みが深まった政府

양정미 기자

登録 : 2020-01-20 15:04 | 修正 : 2020-01-20 15:04

[写真=聯合ニュース(双竜車理事会の議長であるパワン・ゴエンカ社長が16日午後、ソウル汝矣島KDB産業銀行に向かっている)]


双竜(サンヨン)自動車の大株主であるインドのマヒンドラ・グループから追加公的資金の投入を要請された政府の悩みが深まっている。双竜車解雇者復職問題に積極的に介入した政府が、来る4月の総選挙を控えて、自動車産業が揺らぎかねない問題を無視することはできないという点からだ。だからといって、マヒンドラ側の要請通り、2000億ウォンに近い赤字を記録している双龍車に追加資金を投入する場合、「税金バラマキ」論議に巻き込まれる可能性もある。

19日、関連業界によると、去る16〜17日の二日間、韓国を訪問したマヒンドラ・グループは、今月30日に理事会を開催し、双龍車への追加資金支援をするかどうかと正常化計画などを決定する。主債権銀行である産業銀行もマヒンドラ理事会の開催前に、追加資金を支援するかも決めるものとみられる。

双竜車の関係者は、「今すぐ確定する事案ではないので、マヒンドラ側も韓国訪問の成果について理事会の議論を経ることになる」と述べた。まだ透明に決定された事案はなかったということだ。

パワン・ゴエンカ社長の韓国訪問の目的は、双竜車の主債権銀行である産業銀行の追加融資を打診するためである。マヒンドラ側は産業銀行に追加融資を求めるとともに、マヒンドラ側に2300億ウォンの資金投入と2022年まで双竜車を黒字に転換させるという計画も提示した。 3年以内に投資と提携を通じて双龍車を復活させるということだ。

双竜車平沢(ピョンテク)本社でもゴエンカ社長は「2300億ウォンの支援は疑わないでほしい」と、「大株主は確固たる意志を示した」と公言した。また、インドで戦略的提携を結んだフォードとの協業を通じた双竜車への支援も協議されていると説明した。マヒンドラは最近、インドでフォード工場を購入した。フォードとの提携で、双竜車2500台を海外で販売する案を構想している。

ただ、産業は面談後に資料を出して「双竜車が十分かつ妥当な水準の実現可能な経営計画を通じて、すべての利害関係者の参加と協力のもと、速やかに正常化されることを期待する」と述べた。マヒンドラが提示した3カ年正常化計画が、具体的であり、実現可能でなければならないということだ。

双竜車は昨年、産業銀行から1000億ウォン規模の施設資金の融資を受けるなど、借入金が1900億ウォンに達する。今年、産業銀行に返済しなければならない借入金も900億ウォンだ。具体的な青写真なしに追加融資を断行する場合、政府が雇用問題で人質になったという議論を避けられない。双竜車の解雇者復職問題に積極的に介入した政府が、一歩遅れて「雇用請求書」を受け取ったのではないかと、指摘される可能性がある。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2018年7月、インド訪問中にマヒンドラ・アンド・マヒンドラのアナンド・マヒンドラ会長に会って双竜車解雇者復職問題を議論した。続いて9月に大統領直属の経済社会労働委員会(経社労委)を通じて119人を全員復職させることで合意した。

ただ、双竜車は新車販売の不振などで、むしろ雇用を減らさなければならない立場だ。昨年第3四半期まで双竜車の当期純損失は1855億ウォンで、2017年(658億ウォン)、2018年(618億ウォン)より2倍以上増えた。双竜自動車は2016年に一時的な利益を出したが、昨年第4四半期まで12四半期連続の赤字が確実視される。昨年約4000億ウォンの赤字を出したものと推定される。ある自動車業界の関係者は「今も過剰労働力の後遺症に苦しんでいるのに、追加資金を投入して双龍車を復活させることができるか断言できない」と述べた。


 
top