コスピ、外国人と機関の同時買いに2262.64と上昇して取引終了

양정미 기자

登録 : 2020-01-20 16:04 | 修正 : 2020-01-20 16:08

[写真=亜洲経済DB]


コスピが外国人と機関の同時買いに2262.64で取引を終えた。

20日、コスピは前場より12.07ポイント(0.54%)上がった2262.64で取引を終えた。この日の指数は前場より10.83ポイント(0.48%)高の2261.40で取引を始めた。

有価証券市場では、外国人と機関がそれぞれ358億ウォン、126億ウォン分の株を買い入れた。個人は唯一665億ウォン分の株を売りさばいた。

時価総額上位銘柄の中では、代表銘柄であるサムスン電子が1.79%上昇した6万2400ウォンで取引を終えた。 SKハイニックス(0.91%)、サムスンバイオロジクス(0.23%)、LG化学(6.31%)も上がった。

コスダック指数は前場より4.94ポイント(0.72%)安の683.47で場を終えた。この日の指数は前場より2.44ポイント(0.35%)高の690.85で取引を始めたが、午後に入って下落に転じた。

この日、市場では外国人と機関がそれぞれ736億ウォン、767億ウォン分の株を売り越した。一方、個人は唯一1544億ウォン分の株式を買い越した。

コスダック市場の時価総額上位銘柄の中では、ケイエムダブリュ(2.71%)、メディトクス(1.24%)だけが上昇した。
top