サムスン・LG、北米最大のキッチン・バスルーム展示会に参加

박수정 기자

登録 : 2020-01-22 15:08 | 修正 : 2020-01-22 15:08
サムスン電子とLG電子が21日(現地時間)から23日まで三日間、米ラスベガスで開かれる北米最大のキッチン・バスルーム展示会「KBIS(The Kitchen & Bath Industry Show)2020」に参加して革新家電を披露する。
 

[サムスン・LG、北米最大のキッチン・バスルーム展示会に参加]


■サムスン電子、ミレニアルライフスタイルの反映

サムスン電子は2016年に買収したラグジュアリービルトイン家電ブランド「Dacor」と共に、計1388平方メートル規模のブースを設ける。 サムスン電子は「ファミリーハブ」冷蔵庫のラインナップを大量に展示し、人工知能(AI)・モノのインターネット(IoT)を適用したキッチン家電の大衆化を知らせるため、「コネクテッドリビングゾーン」を設けた。

観覧客は「フードAI」に進化したファミリーハブ冷蔵庫でオーダーメード型メニューの推薦、内部食材の自動管理、音楽鑑賞、その他の家電制御などのサービスを体験できる。 また、サムスン電子はスライドインレンジとビルトインルック両開き冷蔵庫の新製品を公開する。

スライドインレンジはビルトインの外観と操作パネルでデザインを差別化した製品だ。 スマート機能も搭載され、ユーザーはスマートシンスアプリケーションを通じてクッキングモードを設定できる。 ビルトインルック冷蔵庫は「フラットデザイン」が適用され、ビルトイン家具のようにすっきりとした厨房を作ってくれる。

Dacor△現代都市住民の生活空間を具現したアーバンライフゾーン △伝統的なカントリーサイドゾーン △海辺レジデンスコンセプトのコスタルゾーンなど3つのコンセプトのキッチン家電パッケージを披露する。
 

[サムスン・LG、北米最大のキッチン・バスルーム展示会に参加]


◆LG電子、シグネチャーキッチンスイート40種あまりに拡大

LG電子はプレミアムビルトの「シグネチャーキッチンスイート」ラインナップを大幅に拡大し、米ビルトイン市場を攻略する。 計920平方メートル規模のブースを設け、「料理に充実する」をテーマにTechnicurean(技術と美食家の合成語)にビルトイン家電を紹介する。

アイルランド食卓や調理台の下にビルトインで設置するアンダーカウンターワインセラーと引き出し型冷蔵庫などを初めて公開し、20インチ型ウォールオブンと48インチ型ガス・電気兼用など電気調理器の新製品も披露した。 年内に米国現地のシグネチャーキッチンスイートラインアップを40種あまりに拡大する予定だ。

LG電子はまた、米カリフォルニア·ナパバレーにあるシグネチャーキッチンスイート・ショールーム「EDC(Experience and Design Center)」を再現した空間を展示し、AIDDモーターを搭載したツインウォッシュなどAI生活家電も展示する。
top