旧正月の祭祀費用 25万1494ウォン・・・イシモチ16.2%上昇
消費者団体協議会、25品目の価格調査
豚肉価格、ASFの影響で4.4%下落
「伝統市場19万4000ウォンで最も安く」

양정미 기자

登録 : 2020-01-23 09:49 | 修正 : 2020-01-23 09:49

[写真=聯合ニュース]


今年の旧正月の祭祀費用には4人家族基準で平均25万1494ウォンの費用がかかる見通しだ。これは、昨年平均の24万8926ウォンより1%増加した数値だ。

韓国消費者団体協議会は旧正月を迎え、今月16〜17日、ソウルの伝統市場と大型マート、デパート、スーパーマーケットなど90ヵ所で祭祀(法事)25品目の価格を調査したところ、このような結果が出たと22日、明らかにした。

旧正月の祭祀用品は伝統市場で購入する場合、19万4148ウォンで最も安かった。

続いて一般のスーパーマーケットが20万5727ウォン、大型マートは24万6359ウォン、企業型スーパーマーケット(SSM)は24万9150ウォン、デパートは37万1399ウォンの順だった。

品目別には、前年比水産物は7.1%、果物は3.8%下がった。

しかし、畜産物(3.1%)と加工食品(3.2%)、野菜・林産物(4%)などは、昨年に比べて値上がりした。

豚肉の価格は、アフリカ豚コレラ(ASF)の影響で4.4%下落した。

イシモチは旧正月の3週間前、1次調査(2-3日)のときより16.2%も価格が跳ね上がった。

特にイシモチは百貨店(-27.1%)と一般スーパー(-23.5%)、伝統的な市場(-9.0%)では価格が下がったが、SSM(21.3%)と大型マート(22.2%)では価格が上がったと調査された。
top