サムスン物産、営業利益8670億ウォン…1兆達成した昨年比21.5%減少

박수정 기자

登録 : 2020-01-23 15:07 | 修正 : 2020-01-23 15:07

[サムスン物産、営業利益8670億ウォン…1兆達成した昨年比21.5%減少]



サムスン物産が昨年、年間営業利益で連結基準8668億ウォンを記録した。 前年と比較すると、21.5%減少した数値だ。 売上も30兆7615億ウォンで、前年比1.3%減少した。

22日、サムスン物産は暫定集計された昨年の年間業績をこのように公示した。 会社側は「営業利益の場合、建設部門の一回限りの費用の反映、商社部門の原資材の劣勢の影響で減少した」と説明した。

建設部門の場合、売上げ11兆6520億ウォン、営業利益5400億ウォンを上げた。 前年比それぞれ3.9%、30.1%下落した。 売上げは一部プロジェクト終了の影響で、小幅な減少となり、一回限りの費用の反映で、営業利益も減少した。

商社部門は売上13兆8620億ウォン、営業利益1060億ウォンを記録した。 前年と比較してそれぞれ1.8%、27.4%減少した。 原油価格の下落や原材料価格の変動性の拡大など市況悪化の影響を受け、トレーディングの売上や営業利益が減少したと会社側は説明している。ファッション部門は売上1兆7320億ウォン、営業利益320億ウォンを記録した。 売上は1.5%減少したが、収益性改善の努力によって営業利益は28.0%増加した。

リゾート部門は売上2兆8140億ウォン、営業利益1430億ウォンを出した。 直前年度と比較し、売り上げは7.2%増加したが、営業利益は2.7%減少した。 テーマパークとゴルフ利用客の拡大および食材事業の好調で、売上が増加したが、費用増加などの影響で、営業利益が小幅減少したという説明だ。

年間単位の実績下落にもかかわらず、四半期別で明らかな利益成長を記録したという点は肯定的だ。 昨年4四半期の業績で、サムスン物産は売上7兆6980億ウォン、営業利益3250億ウォンを記録した。 1四半期1050億ウォン、2四半期2210億ウォン、3四半期2160億ウォンに続き、上昇基調を続けている。

堅実な経営を通じて財務健全性を改善したのも成果だ。 昨年の総借入金は3兆4173億ウォンで、前年比1兆993億ウォン(24.3%)減少した。 負債比率も72%で、前年比16%ポイント減少した。

サムスン物産の関係者は"今年の売上30兆3000億ウォン、受注11兆1000億ウォンを目標にしている"、"収益性中心の中身のある成長を確固たるものにするという計画"と明らかにした。
top