中国発「武漢肺炎」ウイルスの韓国上陸・・・ Q&Aのすべて
中国武漢市の新型コロナウイルス感染症に関する疑問点

양정미 기자

登録 : 2020-01-28 15:44 | 修正 : 2020-01-28 15:44

[写真=EPA・聯合ニュース]


Q.中国を旅行する予定です。肺炎が流行しているということですが、行ってもいいですか?

現在、世界保健機関(WHO)は武漢市を含む中国を旅行制限区域に勧告していない。

韓国内でも中国の旅行を制限していない。ただし、新型コロナウイルスの正確な感染源および伝播経路が確認されていないだけに、「国民感染予防行動指針」を参考にして活用しよう。

◆国民感染予防行動指針

△咳など呼吸器の症状がある場合、マスクを着用 △流水による30秒以上の手洗い △海外旅行歴を医療スタッフに知らせる。発熱・咳など呼吸器症状の発生14日以内に、中国武漢市を訪問したことがある国民(経由含む)

Q.中国旅行の際、感染予防のために守らなければならない事項は?

◆訪問前:疾病管理本部「海外感染症NOW」で確認。
◆訪問中:家禽類、野生動物との接触を避ける。呼吸器有症状者(発熱、呼吸困難など)との接触を避ける。現地の市場など感染の危険がある場所あ訪問を控える。手洗い、咳エチケットなど、個人衛生を保つ。
◆訪問後:武漢市を訪問した後、14日以内に発熱と呼吸器症状が発生した場合、疾病管理本部1339コールセンター相談。

Q.どのように感染するのですか?

現在、中国武漢市で流行している肺炎に対しては非常に限定的な情報だけを中国保健当局とWHOによって確認されている。

原因病体は新型コロナウイルスで人間同士の感染も可能性があると知られている。正確な感染源や感染経路、潜伏期間等については引き続き確認している。

Q.どのような症状があるとき、どこに問い合わせますか?

中国の武漢市を訪問した後、14日以内に発熱と呼吸器症状があるときは必ず疾病管理本部コールセンター(1339)または保健所に相談しなければならない。

Q.入国の際、検疫官に言えばどのように処理されますか?

入国者(第3国の軽油を含む)は検疫官に健康状態質問書を提出しなければならない。発熱と呼吸器症状がある場合、検疫官が検疫調査を実施する。入国の際に疑いのある患者として判明されると、国家指定入院治療病床に移送され隔離治療を受ける。

Q.中国の武漢市を訪問した後、症状がなくても検査で感染したかどうかを確認することができますか?

症状がない場合、検査を受ける必要はない。しかし、潜伏期間があるため、武漢市を訪問した後、14日以内に症状が現れたら疾病管理本部コールセンター(1339)または保健所に相談しなければならない。

Q.現地にいる韓国国民はどのような措置が伝達されるのか?

疾病管理本部は、外交部および現地の大使館を通じて在外国民の感染症の予防、広報を強化している。

中国の出国者を対象に武漢肺炎予防および案内文字(ショートメッセージ)を提供し、武漢市訪問の入国者を対象に潜伏期間(14日)以内に症状が発現したとき(1339)に連絡案内文字を提供(合計4回:1日、8日、15日目)している。

Q.中国武漢市の新型コロナウイルス肺炎発生と関連し、中国から十分な資料を共有されているかどうか?

現在、中国の保健当局(衛生健康委員会、中国CDC)との緊密な協力体制を稼動して、状況の変化を注視している。

中国のほかにも世界保健機関西太平洋地域事務局(WHO / WPRO)、米国疾病予防管理センター(CDC)、欧州疾病予防管理センター(ECDC)、台湾、シンガポール、香港など中国周辺国からの情報を確認している。

Q.中国の周辺国である台湾、香港、シンガポールを訪問する予定だ。追加の注意事項は?

訪問しようとする台湾、香港、シンガポールでは、新型コロナウイルスと関連した検疫および監視などの措置を実施しているが、現在、新型コロナウイルスによる現地感染者の発生が報告されてはいない。

Q.新型コロナウイルスが発生したタイ、日本から入国する人に対する検疫を強化すべきではないか?

タイと日本で確定された患者は、武漢市の訪問歴力があるか、居住者だった。現在、タイと日本の当局は、患者の接触者たち(家族を含む)を継続監視中であり、まだ追加の患者発生はない状態だ。

現在、中国武漢市を訪問した入国者(第3国の経由を含む)を対象に発熱監視を行っており、検疫官に健康状態質問書を提出しなければならない。入国者のうち、発熱と呼吸器症状がある場合、検疫調査を実施している。

さらに、武漢市を出発した入国者情報は14日間DUR / ITS(海外旅行歴情報提供プログラム)を活用し、一線の医療機関で共有して地域社会での発症の場合、医療機関で迅速に感染症を区別できるようにしている。

 
top