来月入札の「仁川空港T1免税店」、勝者を分ける3大要因は?
新世界免税店の搭乗棟区域、DF3・DF6と統合入札…「泣く泣く」入札
運営権最大10年保証、脱落時には10年間「空回転」…「新型コロナ」が伏兵

양정미 기자

登録 : 2020-01-29 18:05 | 修正 : 2020-01-29 18:06

[写真=仁川国際空港公社提供]


年間売上高1兆2000億ウォン規模の仁川空港第1ターミナル(T1)免税店の本入札が来月施行され、業界の様子見作戦が激しくなった。

今回の入札は既存区域を新たに統合した入札区域、重複品目の入札禁止など事業者選定方法の変更、最大10年間の運営保証、後発走者である現代百貨店の参加有り無しなどの変数が多く、実際、入札者の苦心が深くなった状況。

去る22日、仁川空港公社が主宰した入札説明会には、いわゆる「ビッグ3免税店」だけでなく、新規免税店など計10社の事業者が参加して盛況を成した。変わった入札条件と変数を注視している免税店業界の熱い関心が反映されたという裏話だ。

◆入札興行のために変わった入札区域…計算が複雑になった新世界免税店

29日、仁川空港公社によると、今回の免税店入札事業権は計8社で、それぞれ大手5社、中小・中堅企業の3社が割り当てられた。このうち、大企業に割り当てられた5つの事業権は、西側区域DF2(香水・化粧品)1個、DF3・DF4(酒類・タバコ)2個、東DF6・西側DF7(ファッション・雑貨)2個などだ。総対象面積は1万1645㎡であり、店舗数は50個に達している。

大企業の事業権のうち、現在、新羅免税店がDF2、DF4、DF6など最も多くの3つの区域を運営している。ロッテ免税店は3年前に事業権を一回返却した後、現在は酒類・タバコDF3区域1ヵ所だけを運営している。新世界免税店はファッション・雑貨売り場であるDF7区域を担当している。

今回の入札で最も大きな変数は、来る2020年8月以降に所有者が変わる搭乗棟区(DF8)の事業権が二つに分かれたことだ。それぞれ酒類・タバコ(DF3)とファッション・雑貨(DF6)区域と合わせて入札が行われる。これにより、DF3・DF6を落札してもらう免税店がそれぞれ搭乗棟の酒類・タバコとファッション・雑貨を同時に運営することになる。

そのため、苦心が最も大きいところは新世界免税店だ。規定上、項目が同じ事業権の複数落札が禁止されるため、現在、ファッション・雑貨を運営している新世界としては、今回の入札で既存のDF5と新規DF6のうち1ヵ所だけを選択しなえればならない。

業界は仁川空港公社が相対的に売り上げが落ちる搭乗棟と2つの区域を合わせて入札を進め、価格興行を狙ったと口をそろえる。

新世界免税店は、すでに既存のDF5に相当な施設投資をしており、2023年8月まで安心していたため、今回の入札で自社の区域が含まれて泣く泣く参加しなければならない状況。ただ、売り上げが少ない搭乗棟(DF1)を放棄する名分も得たため、新世界が果たしてどのようなバッティングをするのか注目される。

◆最大10年の運営権を保証、脱落時は10年間「空回転」

今回入札を受けた事業者は原則として9月から5年間の事業権を保障される。ところが、2018年に商店街賃貸借保護法が改正され、この適用を受ける仁川空港免税店も追加5年の延長が可能だ。

これは5年ごとに激しい入札戦をしなければならなかっった免税店業界としては、両手を広げて歓迎すべきことだ。最大10年間の免税事業権が保障されたのだ。しかし、反対に今回の入札権を獲得しなければ、今後10年間は仁川空港での免税店運営は考えすらできない。

特に、これまで空港の免税店を抱くことができなかった現代百貨店としては、入札に死活をかけざるを得ない理由だ。このため、業界も最近東大門ドゥータ免税店の事業権を受け継いだ現代百貨店が、仁川空港T1免税店に積極的に乗り出すという観測だ。免税事業はその特性上、「規模の経済」を成し遂げなければならず、市内免税店と空港免税店が連携されると、相乗効果が出る可能性が大きい。現在、ロッテ・新羅・新世界などビッグ3免税店はすべて、ソウル、釜山など市内免税店と仁川空港免税店を同時に運営している。

◆仁川空港公社の最終1社を選定、結局最大の変数は「入札価格」

同時に5つの区域の事業権が出るため、免税店も慎重な立場だが、仁川空港公社としても「金になる商売」をする公算が大きい。そのため、今回の入札で最も大きな変数は、「入札価格」ということに業界関係者の皆は意見の相違がない。

なので、事業提案書60%、入札価格40%の入札評価の割合を見ると、結局、入札価格が最終変数になるという観測が支配的だ。実際に最も売上高が高い香水・化粧品(DF2・現在新羅免税店運営)の最低収容金額は1161億ウォンだ。去る2015年、第3期事業者入札のときよりも160億ウォン程度高い金額だ。

特に仁川空港公社は事業権ごとに1つの優先交渉者を選定、関税庁に提案する計画だ。関税庁が最終的な承認審査をするが、仁川空港公社が提案したところが変更される可能性は希薄だ。過去、複数の事業者を税関に提案し、関税庁が最終1つの事業者を選定していたことから変更され、「仁川空港公社パワー」が強くなったわけだ。

業界関係者は、「先立って市内免税店など何度も入札を経験した企業の事業提案書から優劣をつけるのは難しい状況」とし「結局、最終的な勝者は価格をどれだけ高く書いて出したのかによって決まるだろう」と述べた。

一部では中国の限韓令(韓流制限令)解除への期待感が吹いたが、最近、新型コロナウイルスなどで中国人観光客の減少が憂慮され、「勝者の呪い」を懸念する声が出ている。

これと関連し、新羅・ロッテ・新世界・現代百貨店免税店側はみんな「事業性を計算してみた後、入札に参加するかどうかを打診する」と口をそろえながらも、「新型コロナウイルスが新たな伏兵になりそうだ」と伝えた。

一方、今回の入札参加登録は2月26日午後4時までだ。事業提案書及び価格入札書の提出締め切りは来月27日午後4時だ。仁川空港公社は事業権ごとに評価を経て、最高得点を記録した優先交渉対象者と交渉して契約を締結する。以後、契約者が税関から特許審査の承認を受ければ最終運営事業者として確定される。落札された事業者は今年9月から営業を始め5年間の特許権を確保し、一回延長して10年間運営することができる。
 

[写真=新世界免税店提供]

top