イ・ミギョンCJ副会長、パラサイトの隠れた隠れた助っ人としての役割を果たし

양정미 기자

登録 : 2020-02-11 10:08 | 修正 : 2020-02-11 10:08

[写真=ロイター・聯合ニュース(10日(韓国時間)、「第92回アカデミー賞」に責任プロデューサー(CP)として出席したCJグループのイ・ミギョン副会長)]


世界最高権威の映画賞である「アカデミー」の歴史を韓国映画「パラサイト」が新たな歴史の一歩を刻んだ。CJグループが25年間投資した文化事業が、ついに実を結んだ。

10日(韓国時間)、 米カリフォルニア州 ロサンゼルスにあるハリウッドのドルビー・シアター で開かれた「第92回アカデミー賞」にイ・ミギョンCJ副会長(62)は責任プロデューサー(CP)の資格でポン・ジュノ監督と一緒に授賞式に出席した。

イ副会長と弟のCJグループのイ・ジェヒョン会長(59)は1993年、スティーブン・スピルバーグが作った映画会社「ドリームワークス」に3億ドル(約3500億ウォン)を投資し、本格的に映画事業を始めた。

2014年、イ副会長はパク・クネ前大統領時代、他意によって韓国内のグループ経営の一線から退き、米国での滞在してきた。ただ、米国で生活しながらも主力のエンターテインメント業界の活動を手放さなかった。

今回の「パラサイト」の受賞行進も、イ副会長の隠れた助力があった

ポン・ジュノ監督の才能を見抜いたイ副会長は、「殺人の追憶」、「母なる証明(マザー)」、「雪国列車」に至るまで地道な投資をしてきた。特に「雪国列車」は企画段階から全世界上映を念頭に置き、なんと400億ウォンの制作費をかけた作品だ。CJの電撃的な支援がなければ、試みることも難しかったグローバルプロジェクトとして評価される。

イ副会長は映画界で影響力のある地位を作るために人脈を広げることにも力を尽くした。

彼女は2017年に米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)会員になった。アカデミー授賞式は、AMPASが主管する。いわゆる「オスカー賞」と呼ばれるアカデミー賞も会員の投票で決まる。

先月、米国の経済誌フォーチュンは「パラサイト」とイ副会長の縁を紹介し、「映画の最大財政スポンサーは韓国最大財閥家の一員であるミッキー・リー(イ副会長の英語名)」であると、「ミッキー・リーは特に映画をはじめとする芸術家を支援している」と紹介した。

イ副会長はこの日、アカデミー賞でイ・ジェヒョン会長も言及した。彼は「不可能な夢であっても、常に私たちが夢を見ることができるようしてくれてありがたい」とし、「映画制作のためにすべての支援を惜しまないイ会長にも感謝の気持ちを伝えたい」と述べた。
 

[写真=ロイター・聯合ニュース]

top