現代・起亜自、グローバル市場でデザイン競争力認定…2020 iFデザイン賞の受賞

박수정 기자

登録 : 2020-02-12 15:50 | 修正 : 2020-02-12 15:50

[現代・起亜自、グローバル市場でデザイン競争力認定…2020 iFデザイン賞の受賞]



現代自動車と起亜自動車が2020 iFデザイン賞を同時に受賞し、世界最高水準のデザイン競争力をもう一度認められた。

現代・起亜自動車はドイツ国際フォーラムデザインが主管する「2020 iFデザイン賞」の製品デザイン分野の輸送デザイン部門で、現代自の「ソナタ・センシュアス(Sensuous)」、電気車コンセプトカー「45」と起亜自の「XCeed」、電気車コンセプトカー「Imagine by Kia」がそれぞれ本賞を受賞したと発表した。

現代自グループのデザイン担当であるLuc Donckerwolke副社長は"世界で最も権威のあるデザイン賞の一つであるiFデザイン賞を受賞したのは意味のあることだ"とし、"現代・起亜自の検証されたデザイン競争力を基に、顧客に伝わるデザイン価値を拡張させる努力を続ける"と述べた。

iFデザイン賞はレッドドット、IDEAデザイン賞と共に、世界3大デザイン賞の一つと評価されている。 iFデザイン賞は1953年に設立されたドイツ国際フォーラムデザインが主管し、1954年から毎年、新製品、包装、コミュニケーションなど7つの分野に分け、各部門別の受賞作を発表している。
top