サムスン電子"李在鎔副会長のプロポフォール違法投薬は事実無根・・・法的対応を検討"

양정미 기자

登録 : 2020-02-13 15:12 | 修正 : 2020-02-13 15:12

[写真=聯合ニュース(プロポフォールを常習投与した疑惑が提起されたサムスン電子の李在鎔副会長)]


サムスン電子が李在鎔(イ・ジェヨン)副会長のプロポフォール常習投薬疑惑について事実無根と反論した。

13日、サムスン電子は立場文を通じて「不法投薬の事実が全くない」とし、「今後、検察の捜査を通じて真相が明らかになることを望む」と述べた。

サムスン電子は「(李副会長が)以前、病院で医師の専門的所見に基づいて治療を受けており、その後、個人的な事情で訪問診療を受けたことはあるが、違法投薬疑惑は全く事実ではない」と説明した。

続いて、サムスン電子は「該当報道は争いのある関係者たちの推測と誤解、互いに対する疑問などを根拠にした一方的な主張」とし、「該当メディアに対しては、悪意のある虚偽報道に責任を問い、民事・刑事上の法的対応を検討する予定」と付け加えた。

最後に、会社は「推測性報道は当事者はもちろん、会社、投資家に大きな被害を与える可能性があり、事実ではない報道が拡大し、再生産されないように捜査結果を落ち着いて見守ってほしい」と求めた。
 
top