ハンコックタイヤ、昨年の営業益5429億ウォン…前年比22.7%↓

박수정 기자

登録 : 2020-02-14 14:59 | 修正 : 2020-02-14 14:59

[ハンコックタイヤ、昨年の営業益5429億ウォン…前年比22.7%↓]



ハンコックタイヤ&テクノロジーは昨年の連結営業利益が5429億ウォンで、前年より22.7%減少したと13日、明らかにした。 売上は6兆8964億ウォンで、1.5%増加し、営業利益率は7.9%で、前年(10.3%)より低下した。

4四半期の実績を見ると、営業利益が1804億ウォンで、35.6%減り、売上も1兆7252億ウォンで、8.6%減少した。 営業利益率は6.9%で、前年4四半期(8.4%)より下がった。

ハンコックタイヤは昨年、17インチ以上の高インチタイヤの販売増加とプレミアム自動車メーカーへの新車用タイヤの供給で、売上が増加したが、グローバル自動車市場の萎縮と競争の激化などで、営業利益は減少したと分析した。

会社関係者は"今年の売上高7兆2000億ウォンと前年比の営業利益率改善が目標"だとし、"主要市場での高インチタイヤの販売拡大、プレミアム新車用タイヤの供給、商品競争力の強化などプレミアムブランドとしての地位をさらに強固なものにしていく予定"と明らかにした。

このため、新規流通チャンネルの確保とOE・RE間のシナジー強化などで、安定的な成長構造を構築し、海外各地域別の流通戦略を最適化するなどタイヤビジネスの競争力向上に力を集中させる計画だ。
top