コスピ、コロナ19悪材料を飛ばし・・・2240ポイントの再奪還

양정미 기자

登録 : 2020-02-14 17:34 | 修正 : 2020-02-14 17:34

[写真=亜洲経済DB]


コスピ指数が上昇して取引を終えた。中国内のコロナ19患者の急増に伴う懸念を完全に吹き飛ばした姿だ。

14日、コスピは前営業日より10.63ポイント(0.48%)上がった2243.59で取引を終えた。

前日比0.25ポイント(0.01%)安の2232.71で出発したこの日のコスピは、取引直後から上昇に転じて上昇を続けてきた。しかし、外国人が940億ウォンを買い越して指数上昇を導いた。個人と機関はそれぞれ8億ウォン、1088億ウォンを売り越した。

取引直後の不振は、前日、ニューヨーク株式市場が中国のコロナ19感染確定者数の急増による売りの流入で小幅下落し、投資心理が萎縮したためだ。

前日のニューヨーク株式市場はコロナ感染者数の増加とともに、米国内で新規感染者が発生したというニュースで恐怖心理が再度拡大される様子を見せた。しかし、後半入って良好な経済指標による楽観的な心理が流入され、下げ幅は縮小して取引を終えた。

この日の株式市場も、コロナ感染確定者数の増加は新規ウイルス感染者の増加ではなく、統計方法の変更で行われただけに、過度の懸念は杞憂という雰囲気が流入した影響が大きかった。

コスダック指数は前場より1.30ポイント(0.19%)高の688.91で取引を終えた。
 
top