「乗務員専用トイレ」KLM、人種差別論議を謝罪

양정미 기자

登録 : 2020-02-14 18:21 | 修正 : 2020-02-14 18:21

[写真=聯合ニュース(KLMオランダ航空のギヨーム・グラス氏をはじめ役員4人が「今回の出来事で乗客、そして韓国の皆さんを傷つけたことを深くお詫び申しあげます」と謝罪している)]


KLMオランダ航空が人種差別論議が起きた乗務員専用トイレ問題について謝罪した。KLMは、今回の問題を全社レベルで深刻に受け止めているとし、再発防止のためにあらゆる措置をとると明らかにした。

KLM航空の韓国・日本・ニューカレドニア地域本部長(社長)、ギヨーム・グラス氏は14日、光化門フォーシーズンズホテルソウルで開かれた記者懇談会で謝罪文を通じて、「乗組員個人の誤りだったが、決して軽くない誤りだ」とし、「韓国の顧客を差別する行為として解釈され、韓国の顧客に心配をおかけしたことを大変遺憾に思う」と述べた。

グラス社長は続いて、「一部の乗客を差別的に接したという指摘を非常に深刻に受け止めている」とし、「今回の事案は本社の役員たちに直ちに報告され、内部的に経緯を調査している」と説明した。

先立って今月10日、オランダのアムステルダムから出発して仁川に向かっていたKL855便の機内トイレのドアの前に、ハングルで「乗務員専用トイレ」と書かれた紙の案内文が貼っており、「人種差別」の議論が起こった。乗客の金某氏は紙の案内文の写真を撮り、「なぜ、英語なしに韓国語だけで書かれているのか」と抗議すると、乗組員は「潜在的なコロナ保菌者顧客から守るために決定された事項」と答え、むしろ金氏に写真の削除を要求した。

これに対してグラス社長は、「類似事態の再発を防ぐため、KLMの機内サービス担当役員が必要なすべての措置をとる予定」とし、「該当フライトの乗務員は、アムステルダムに到着する次第、直ちに韓国乗客に与えた被害と関連し、機内担当役員と別当の面談を行うことにした」と明らかにした。

これとは別に、すべての乗務員を対象に「乗務員専用トイレ」は許可しないという内容を告知し、今後、仁川を行き来する航空便の乗務員ブリーフィング時間を通じて、同イシューを再告知すると明らかにした。

グラス社長は謝罪文を朗読した後、懇談会に出席したイ・ムンジョン韓国支社長、韓国・日本・ニューカレドニア営業常務、アジア太平洋事業開発担当など経営陣4人が90度で頭を下げて謝罪の意を伝えた。
top