[コロナ19] 地域社会への感染に転換・・・ゴールデンタイムを逃したら長期化が現実化
ゴールデンタイム2カ月予想、感染経路が不明な「地域社会への伝播」恐怖

양정미 기자

登録 : 2020-02-20 13:59 | 修正 : 2020-02-20 13:59

[写真=聯合ニュース]


新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の地域社会での感染が始まった。取り返しのできない拡散で、政府の防疫戦略も封鎖から被害を最小化する戦略に変わる。

長期化への懸念も現実となった。専門家らは、長期化を防ぐためのゴールデンタイムとして2カ月を挙げた。この時期を逃すと、コロナ19の全国拡散は時間の問題であるというのが大半の意見だ。

19日、大邱・慶北でコロナ19患者が相次いで出ており、防疫当局には非常状態なった。地域社会の感染が現実化されたのだ。去る16日、海外旅行歴のない29人目の感染者が発生発し、地域社会感染への懸念が提起されてから3日ぶりのことだ。

地域社会の感染は、誰からどのように感染するかが分からないまま、患者が発生する場合をいう。したがって今後、医療スタッフの立場としては、発熱や呼吸器異常があればコロナ19を疑わなければならない。力学的関連性を計算する暇がない。市民たちもどこで感染されるか分からず、不安は増幅せざるを得ない。

地域社会の感染が現実化され、長期化に対する懸念も高まっている。イ・ワンジュン明知(ミョンジ)病院理事長は「ここで終わるとは思えない」とし、「2カ月以内にコロナ19を解決しなければ、長期化は避けられない」と予想した。

状況が緊迫化し、文在寅大統領は防疫対応体系に対する修正を注文した。文大統領はこの日午前、「地域社会感染対応シ体系を大幅に強化し、地域社会への確実な防御網を構築する必要がある」と明らかにした。

文大統領は同日、17の市・道教育庁の教育監とともにした懇談会の冒頭発言を通じて、「病院、介護療養型医療施設、教会など多重利用施設の防疫体系を強化しなければならない」と、このように述べた。

専門家たちも今までの防疫戦略に対する修正を主張した。チェ・デジプ医師協会長は、「韓国社会はどこでもコロナ19の感染を疑わなければならない状況が目の前に来ている」とし、「少数の感染疑い患者を保健所及び選別診療所が設置された医療機関に案内・誘導してきたこれまでの戦略に対する全面修正が必要だ」と強調した。

アン・ジョンジュ社会安全疎通センター長も、「海外旅行歴・患者の接触歴がない、感染経路を知ることができない患者が発生している」とし、「今とは違う、他の徹底した対応が必要だ」と述べた。

しかし、感染者が発生した自治体と中央政府間の温度差により、防疫網の転換に混乱をもたらしている。この日、感染者が出たソウル城東区は独自の危機対応段階を「深刻」に上方修正した。大邱市もクォン・ヨンジン市長が前面に乗り出して、「大邱市と地方自治体自体の力量だけで克服するには限界がある」と、中央政府の支援を訴えた。

しかし、政府はまだ危機警報の格上げは早いという立場だ。チョン・ウンギョン中央防疫対策本部長(疾病管理本部長)は、「現在、警戒段階ではあるが、深刻段階に準じて総理(首相)が周期的に重大本会議を通じて様々な措置を点検する」とし、「汎部処(省庁)レベルの対応体系も稼動している」と明らかにした。
top