[独自] イースター航空、全役職員に2月の給料40%だけ支給・・・賃金未払いの現実化

양정미 기자

登録 : 2020-02-25 15:34 | 修正 : 2020-02-25 15:41

[写真=イースター航空]


イースター航空が全役職員に2月の給料を40%だけ支給することにした。残りの賃金については、後日支給する予定だと明らかにしたが、新型コロナ感染症(コロナ19)の拡散による経営難の悪化で、これも保証できない状況だ。

先立って一時的な流動性の問題により精油会社から給油中断通知を受けたのに続き、賃金未払いまで現実化され、イースター航空の経営難は予想より深刻な水準であるとみられる。

25日、イースター航空のチェ・ジョング社長は役職員に送る文を通じて"この日、支給することにした役職員の2月の給与を40%だけ支払い、年末精算の精算金を含む残りの給与は後日支給する予定だ"と明らかにした。チェ社長は"最小限の会社運営を維持するための避けられない選択"とし、"未払い給与は早期に支給されるようにする。会社の正常化のためにあらゆる措置をしていく"と付け加えた。

イースター航空は昨年から続いた業況不振の中、経営難が深刻化している。737マックスの運航停止と日本不買運動に続き、先月から拡散されたコロナ19事態まで重なったせいだ。非常経営体制を通じて経営陣の賃金30%削減および一般職員の無給休職を通じてコスト削減を進めている。

チェ社長は"今年1月末から急速に拡散されたコロナ19事態は、正常回復のために邁進している会社を再び最悪の危機に追い込んでいる"とし、"最近、顧客の払い戻し急増とこれによる売上高が急減で資金運用に困難を経験している"と説明した。

また、チェ社長は"政府の緊急支援および金融機関を通じた金融支援など様々な解決案を模索しているが、今の緊急状況を解消するには、時間と余力が非常に足りないのが現実だ"と述べた。

続いて彼は"コロナ19事態は我々の問題だけではなく、航空業界を超え、国内外の経済全般に影響を及ぼしている"とし、"会社は緊急路線の調整と運航縮小をはじめ、賃金削減、無給休職、短縮勤務など、独自の努力とともに政府と航空産業界とも積極的に協力し、危機克服のための努力に最善を尽くす"と付け加えた。

先立って、イースター航空は6月まで高強度の緊縮経営に突入すると明らかにしている。経営陣の賃金30%を自ら返却し、全職人(フライト・客室乗務員を除く)を対象に週3・4日勤務施行などだ。このほか、既存の常時実施していた無給休職もそのまま維持する。また、操縦士労組と賃金交渉の特別交渉を実施し、4カ月間(3〜6月)25%の賃金削減など内容の合意案も用意した。
top