コロナ19の拡散に上半期の採用日程も「ストップ」
10大企業の上半期公開採用日程も不透明

양정미 기자

登録 : 2020-02-26 09:50 | 修正 : 2020-02-26 09:50

[写真=聯合ニュース(22日、新型コロナ19についての案内文が貼られている大邱市の公務員9級公開採用試験場)]


コロナ19の拡散により大企業も採用日程を先送りしたり、キャンセルしている。

25日、業界によると、LG電子は新入社員の公開採用日程を4月中に延期した。コロナ19拡散の影響で筆記試験や面接など、多数が集まる採用過程を進めるのが難しくなったためだ。昨年には2月中に採用公告を出した。

理工系の修士・博士留学生の採用説明行事である「LGテックカンファレンス」も参加者の安全のためにキャンセルした。毎年、米国で数百人を対象に行っていた行事だ。

現代車も書類選考を終えた後、職務別の面接を控えた状態で面接日程を延期した。去る6日には、新入社員合同研修も中断した。

サムスン電子は3級大卒新入社員の公開採用で加算点を得ることができるソフトウェア(SW)能力テストを今月15日から来月に延期した。昨年には3月中に願書を受け付けたが、今年は採用公告も出なかった。

SKとGSグループも系列会社別に採用日程を延期したり、見直すという立場だ。

現在、10大企業のうちの上前半の採用日程を進めたり明らかにしたところは一社もない。通常、大企業の公開採用は2月末から3月中に採用公告が始まる。

コロナ19の影響でしばらく企業は採用計画を出さない見通しだ。最近、コロナ19の拡散速度が速くなっており、状況をもう少し見守るという立場だ。ある大企業の関係者は、"採用に先立って行っていた採用説明会も大学開講の延期で日程さえ決められずにいる"とし、"採用日程については、当分の間は分からない"と述べた。

 
top