サムスンディスプレイ、5G最適化のOLED認証獲得…ブルーライト・消費電力↓

박수정 기자

登録 : 2020-02-27 17:00 | 修正 : 2020-02-27 17:00

[サムスンディスプレイ、5G最適化のOLED認証獲得…ブルーライト・消費電力↓]



サムスンディスプレイがブルーライトや消費電力を下げ、5世代移動通信(5G)スマートフォンに最適化された有機発光ダイオード(OLED)を披露した。

27日、サムスンディスプレイはグローバル認証会社の「SGS」と「UL」からそれぞれ「Eye Care」、「Energy Saving」認証を獲得したと明らかにした。

SGSによると、サムスンディスプレイの最新OLEDのブルーライトの割合は業界最低水準の6.5%で、昨年披露したOLEDの7.5%よりさらに低くなった。 サムスンディスプレイは自社のOLED製品が一般的な液晶表示装置(LCD)に比べ、ブルーライトの割合が約70%ほど低いと説明した。

ULはサムスンディスプレイのOLEDの消費電力も既存製品に比べ、15%ほど減少したと明らかにした。 ULは写真、放送、インターネットコンテンツの利用時、それぞれの消費電力を評価した。 新製品の平均消費電力は約1.5Wから約1.3Wへと減少した。

5Gスマートフォンの割合が増えるものと予想されるだけに、サムスンディスプレイは市場の変化に対応するため、同一のエネルギーでより多くの光を出すことができるように有機材料の効率を高めるための研究開発を続けてきた。 これを通じ、消費電力とブルーライトを下げた新製品のOLEDを披露できたというのが会社側の説明だ。
top