アシアナ航空、4月から50%の人員で運営…無給休職の拡大

박수정 기자

登録 : 2020-03-25 16:08 | 修正 : 2020-03-25 16:08

[アシアナ航空、4月から50%の人員で運営…無給休職の拡大]



アシアナ航空が来月から人員を50%に縮小して運営し、役員の給与も最大60%返上する。

24日、アシアナ航空は4月から全職員を対象に15日以上の無給休職を実施すると明らかにした。 3月まで最小10日以上の無給休職を実施することにした当初の方針から追加された措置だ。 休職の対象は職員だけでなく、組織長まで拡大することにした。 今月16日から運航が中断されたA380運航乗務員は全員有給休職に入る。 アシアナ航空は現在、計6機のA380機を保有している。

役員らの給与返上水準は最大60%まで拡大することにした。 これに先立ち、アシアナ航空は役員の給与の30%返上を決めた後、再び50%に比重を高めたことがある。 韓昌洙(ハン・チャンス)社長の場合、給与全額を返上する。

アシアナ航空の国際旅客路線はコロナ拡大による入国禁止・制限措置が増え、すでに従来比約85%が縮小された状態だ。 4月も予約率が昨年の10%水準に減り、事実上正常営業が難しくなった。

アシアナ航空の関係者は"少なくとも70%以上の遊休人材が発生し、やむを得ず全職員の無給休職の拡大を決定した"とし、"現在は危機克服のための非常経営体制が今後、いつまで続くかは断言できない状況だ"と明らかにした。
top