ジェネシスのイ・ヨンウ事業部長"GV80の米国発売に延期なし"

박수정 기자

登録 : 2020-03-26 16:31 | 修正 : 2020-03-26 16:31

[ジェネシスのイ・ヨンウ事業部長"GV80の米国発売に延期なし"]



ジェネシスがコロナ19事態にも大型スポーツ・ユーティリティ・ビークル「GV80」と準大型セダン「G80」など主要新車の国内外発売を予定通り強行する。

製品力に対する自信が根底にあるものと見られる。 これを通じ、顧客の信頼や現代自動車のプレミアムブランドとしてのプライドも守られる見通しだ。

ジェネシスのイ・ヨンウ事業部長(副社長)は18日、ソウル中区の大韓商工会議所で開かれた「第47回商工人の日の記念式」が終わった後、記者に対し、"GV80やG80などの新車を予定通り発売する"と明らかにした。

G80は30日に国内で、GV80は今夏、米国で発売を控えている。 しかし、コロナ19の拡散で一部で延期の可能性が提起されたことがある。 ジェネシスはこれを非対面マーケティングの強化で克服するという方針だ。

イ副社長は"新車発売の準備は順調に進んでおり、幸い工場も再び稼動を始めた"とし、"新車イベントはしばらくオンラインで進める"と説明した。

実際、ジェネシスの完全変更モデルである第3世代のG80はオンラインイベント「ザ・オール・ニュージェネシスG80デジタルワールドプレミア」を通じて初めて公開される。 起亜自の中型SUV「ソレント」と現代自の準中型セダン「アバンテ」に続き、現代自グループの3番目のオンライン新車公開イベントだ。

グローバル主要企業が相次いで新車行事を延期したり、取り消す中で異例の行動だ。 すでにGV80を通じて製品力さえあれば、コロナ19にも成功裏に市場に安着できることを体験したため可能だったものと分析される。

これに先立って、国内に先に披露したGV80がコロナ19にも興行し、これを証明している。 現代自によると、GV80は今月15日に発売から2カ月で国内累積販売契約が3万台(ディーゼル2万台+ガソリン1万台)を超えた。 今年の年間販売目標(2万4000台)を2ヵ月ぶりに優に上回っている。

また、最近、米国で事前契約だけで6000台の実績を上げた。 米国のライバルモデルであるメルセデス・ベンツの「GLE」やBMW「X5」の月間販売台数より多い数値だ。 ジェネシス最大のボリュームモデルであるG80もこれに劣らないという観測が早くから出ている。

ただ、李副社長はコロナ19による変数を過小評価したりはしなかった。 GV80などが生産される現代蔚山(ウルサン)工場が最近、一時的に稼動が中止され、苦杯をなめたためだ。

かれは"米国や欧州など主要市場を鋭意注視している"とし、"品質を最優先にしながら、物量も合わせるために特別勤務にも突入した"と述べた。

現代自労組は生産支障を挽回するため、会社側の措置に参加している。 今月7日には蔚山および忠清南道牙山(アサン)工場で1カ月ぶりに特別勤務を再開した。

昨年10月、ジェネシスの首長に就任し、今年本格的に事業を率いることになったイ副社長は今後の目標も明確に示した。

同氏は"ジェネシスが発足(2015年)してから4年が過ぎたが、まだローカルプレミアムブランドのイメージから脱していないのは事実"とし、"北米市場などで影響力をさらに拡大し、グローバルプレミアムブランドとして位置づけられる"と述べた。
top