[コロナ19] 政府「今後1〜2週間の入国者増加・・・4月中に減少の見通し」

양정미 기자

登録 : 2020-03-26 17:08 | 修正 : 2020-03-26 17:08

[写真=聯合ニュース(26日午後、仁川国際空港第1ターミナルの屋外空間に設置された「Open Walking Thru」型の選別診療所で新型コロナウィルス感染症の診断を受けている外国人入国者)]


中央事故収拾本部のユン・テホ防疫総括班長は26日午前、政府世宗庁舎で開かれた定例ブリーフィングで、4月の入国者数の見通しと関連し、「今後1〜2週間の間に米国、欧州など海外発の入国者数が増加するとみられるが、4月中には減少する可能性がある」と述べた。

ユン班長は「欧州や米国の留学生たち、そして駐在員とその家族が居住する国のコロナ19(新型コロナウィルス感染症)状況の悪化で1〜2週間以内に入国する可能性が高く、短期間に入国者が増加する可能性がある」と説明した。

続いて「その後、入国者数がどのようになるかについては、まだ予測できない」とし、「おそらく減少する可能性が高いと予想される」と付け加えた。

ユン班長は「各国でも様々な措置をとっており、帰国する人が皆入国してしまうと、4月中に(入国者数が)少し減少すると判断している」と伝えた。

ただ、「現時点では私たちが予測をするのが非常に難しい状況だ」とし、「現在、米国から2500人、欧州から1200人程度が入国しているが、その水準で私たちが検疫段階で管理できる対策を設けている」と述べた。
top