​サムスン電子、1四半期の営業利益6兆4000億ウォン…前年比2.7%↑

박수정 기자

登録 : 2020-04-07 10:46 | 修正 : 2020-04-07 10:46

[​サムスン電子、1四半期の営業利益6兆4000億ウォン…前年比2.7%↑]



サムスン電子はコロナ19の影響にも関わらず、1四半期の業績を善戦した。 サーバー需要が増加し、半導体部門は業績が改善され、スマートフォン・家電・ディスプレイ部門はコロナ19の影響で、業績がやや低迷した。

サムスン電子は7日午前、売上高は前年(52兆)比4.98%増加した55兆ウォン、営業利益は前年(6兆2000億ウォン)比2.73%増加した6兆4000億ウォンを記録したと発表した。

サムスン電子の1四半期の業績は証券会社の予測値を上回った。 金融情報会社のエフアンドガイドによると、サムスン電子の1四半期の売上や営業利益のコンセンサスはそれぞれ55兆5500億ウォンと6兆1000億ウォン前後だ。

アーニングショックだった昨年に比べ、売上は3兆ウォン以上増加し、営業利益も約2000億ウォン増加した。 証券会社ではコロナの影響で、1ヵ月前対比の売上は2%、営業利益は7%ぐらい減少して展望している。

半導体部門は1四半期、コロナ19に相対的に影響を少なく受けながら、善戦した。 サーバー向け半導体の需要が増加し、Dラム価格が先月まで上昇したことが主な要因だ。 主にPCに使われるDDR4の8ギガビット(Gb)Dラム製品の固定取引価格はDラムエクスチェンジ基準(3月31日)の平均2.94ドルで、先月27日(2.88ドル)比2.1%上昇した。 昨年、供給過剰に苦しんだメモリー受給が正常化しているという分析だ。

IM(IT・モバイル)部門はスマートフォン需要の急減に不振だった。 先月発売した新型ギャラクシーS20は消費心理が冷え込み、出荷台数の予測値も2億5000万台へと下がった。 当初、サムスン電子のギャラクシーS20の出荷台数の予想値は2億8000万-2億9000万台だった。

家電とディスプレイも状況は同じた。 2月までは中華圏のライバル企業の生産支障で一時反射利益を得たが、3月から全世界にコロナ19が拡散し、売上が減少した。 特にオフライン販売拠点などがほとんど廃業し、オンラインを中心に販売したため、実績打撃は避けられないという分析だ。

IBK投資証券のキム・ウンホ研究員は"今年の営業利益は1四半期を底に上昇に転じるだろう"とし、"半導体業況の改善傾向は年内に続くものと予想される。 モバイル、ディスプレイ業況は低迷しているが、下半期からは改善が見込まれる"と述べた。
top