ハンコックタイヤ、AI・IoT基盤の設備異常探知予測システムの開発

박수정 기자

登録 : 2020-04-21 15:35 | 修正 : 2020-04-21 15:35

[ハンコックタイヤ、AI・IoT基盤の設備異常探知予測システムの開発]



ハンコックタイヤ&テクノロジーが人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)技術を活用した設備異常探知予測システム、CMSを開発し、スマートファクトリーの構築に乗り出すと20日、明かにした。

設備の異常状態の有無は出力の変化、温度の異常上昇及び騒音と振動等により知ることができる。 重大な設備故障が発生すれば、生産ライン全体が稼動中断され、正常化に長い時間と費用が投入されることもある。 したがって、小さな異常兆候をリアルタイムで把握し、事前整備を通じて重大な故障を予防する作業は全ての製造業において中核的な領域である。

今回開発された設備異常探知予測システムはAIとIoT技術を結びつけ、従来のシステムより正確な異常兆候の把握と迅速な対応を可能にするのが特徴だ。 一般的な設備異常探知予測システムは設備の核心部品にセンサーを取り付け、これを通じて収集された振動、騒音情報を専門家が直接分析して判断し、異常の有無を選り分ける方式で運営される。

CMS+は「次世代無線基盤のIoTモジュール-ゲートウェイ(Gateway)+サーバ」を経る3段階AIアルゴリズムをベースに、既存のシステムに比べて予測精度が3~4倍高いレベルのデータ分析が可能だ。

ハンコックタイヤは現在、国内工場のモデル設備に新しいシステムを設置して運営しており、グローバル全工場にシステムを拡散適用する計画だ。 また、開発されたシステムをさらに発展させるため、AR技術とも組み合わせ、現場で確認しにくいデータの流れを容易に把握できるように具現している。
top