[パク・スンジュンのコラム]「金正恩パニック(Panic)」

양정미 기자

登録 : 2020-04-29 17:52 | 修正 : 2020-04-29 17:52

[執筆=パク・スンジュン論説顧問]


パン(Pan)はギリシア神話に登場する半人半獣の怪物である。知らずに森の中に入って眠っていたパンを起こすと、パンの攻撃を受ける。パンが目を覚めることを恐れるのがパニック(panic)だ。北朝鮮国務委員長、朝鮮労働党委員長、朝鮮人民軍最高司令官である金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が半月以上も姿を見せず、韓国社会に不安が広がっている。しかし、党・政・軍の3権をすべて握っている社会主義国の最高権力者の死去は、比較的迅速に発表されてきた。金日成(キム・イルソン)主席は1994年7月8日、死去34時間後の9日正午に、金正日(キム・ジョンイル)総書記は2011年12月17日、死去2日後の正午に公式発表された。毛沢東は1976年9月9日、心停止8時間後の午後12時10分に公式発表され、トウ小平(鄧小平)は1997年2月19日、死去2時間後にロイター通信の打電で世界に伝えられた。正恩氏が死亡したとしても、1日か2日で公式に発表されるだろう。韓国政府が混乱防止用のコンティンジェンシー(contingency)プランだけをしっかり用意しておけばいい。
 
top