現代自グループ、6年ぶりにGBCの着工へ

박수정 기자

登録 : 2020-05-05 17:46 | 修正 : 2020-05-05 17:46

[現代自グループ、6年ぶりにGBCの着工へ]



現代自グループが今月、ソウル江南区三成洞(カンナムグ・サムソンドン)の新社屋「グローバルビジネスセンター(GBC)」の着工に入る見通しだ。 旧韓国電力(韓電)の敷地を購入してから6年ぶりのことだ。

政府がコロナ19拡散防止のため、45日間施行した「社会的距離置き」を終了し、6日から「生活の中の距離置き」へ転換したことを受け、現代自動車のGBCなど大規模工事も徐々に速度を増すものとみられる。

5日、ソウル市と関連業界によると、現代自グループは最近、新社屋のGBC着工届をソウル市に提出した。 ソウル市は早ければ6日頃に着工許可を出すという。 着工届の提出は建設工事開始前の最後の段階で、ソウル市の修理が完了すれば、直ちに着工できる。

現代自グループは2014年9月10日、10兆5500億ウォンを投資し、旧韓電の敷地を買い入れた。 買い付け代金は現代自55%、現代モービス25%、起亜自20%などに分けて負担した。

当初、現代自グループは2016年の着工を目標としたが、政府審議や国防省の反対などで実現しなかった。 ソウル市の環境影響評価だけでも6回の試みの末に通過した。

新しい人口誘発施設を建てる時に経なければならない国土交通省傘下の首都圏整備委員会の審議でも何度も断られた。 江南の不動産市場を刺激しかねないという懸念のためだ。 568メートルの建物の高さが軍作戦の妨害になる恐れがあるという国防省の反対もひどかった。

数回にわたって着工延期が繰り返された現代自の宿願事業であるGBC建設は昨年、政府の大規模企業投資プロジェクトの早期着工支援で突破口を開いた。 ソウル市が昨年11月26日、GBC建築許可書を交付したのだ。 当時、ソウル市は2020年上半期に着工、2026年下半期の竣工日程を立てた。 現代自動車が国防省の新しいレーダー購入費用の負担を決めたことで、省庁間の合意もまとまった。

GBCは高さ569メートル、地下7階、地上105階建てで建てられる予定だ。 完成すれば、ソウル蚕室(チャムシル)ロッテワールドタワー(555メートル)を抜いて国内最高層建物になる。 業務施設、宿泊施設(観光宿泊施設)、文化および集会施設(公演場・集会場・展示場)、観光休憩施設、販売施設が建てられ、高層タワー棟の104階と105階は展望台として使われる。 GBC建設により、新規雇用122万つが創出され、今後27年間、265兆ウォンの経済的波及効果が生じかねないという経済界の分析も出ている。

現代自はGBCを開発し、永東(ヨンドン)通りの地下空間複合開発、蚕室メインスタジアムのリモデリングなど9つの事業、1兆7491億ウォン規模で公共貢献をする。 永東通りの地下空間はソウル市が委託を受けて工事し、残りの事業は現代建設が担当した後、寄付・採納する方式だ。

現代自は投資家を誘致し、GBCを共同開発する案を推進している。 工事費は3兆7000億ウォンと予想される。

現代自グループは"ソウル市に最近、GBC着工届を提出したのは正しい"としながらも、"市の着工許可を待つ段階で、具体的な着工日程はソウル市の計画にかかっている"と明らかにした。
top