新型コロナで所得格差が再び広がり・・・家計支出は4.9%減少

양정미 기자

登録 : 2020-05-21 13:09 | 修正 : 2020-05-21 13:09

[写真=聯合ニュース(21日、統計庁の「2020年第1四半期の家計動向調査結果」によると、所得5分位倍率は5.41倍で前年同期比0.23倍p上昇した)]


第1四半期の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)による雇用減少が、上位20%と下位20%との所得格差を再び広げた。

統計庁が21日に発表した「2020年第1四半期の家計動向調査結果」によると、所得5分位倍率は5.41倍で前年同期比0.23倍p上昇した。

5分位倍率は上位20%の平均所得を下位20%の平均所得で割った値だ。数字が大きくなるほど上位20%と下位20%間の所得格差が広がったことを意味する。5分位倍率は2019年第1四半期に5.18倍を記録した後、△第2四半期4.58倍 △第3四半期4.66倍 △第4四半期4.64倍に緩和していた。

第1四半期の5分位倍率が拡大したのは、第1分位の所得が全体分位の中で最も低い増加率を記録したためだ。所得1分位(下位20%)世帯の月平均所得は149万8000ウォンで、前年比同じ水準(0.0%増)だった。これは、コロナ19で1分位階層の割合が高い臨時・日雇い雇用が減少し、勤労所得が減った影響と分析される。

一方、上位20%の5分位世帯の月平均所得は1115万8000ウォンで、全体分位で最も高い6.3%の増加率を記録した。第1四半期の1世帯当たりの月平均所得は535万8000ウォンで、前年同期比3.7%増となった。このうち、勤労所得と事業所得がそれぞれ1.8%、2.2%増加し、非経常所得は79.8%急増した。非経常所得は保険金、退職手当などが該当するが、コロナ19で退職した労働者の退職手当の発生が発生した影響だ。

カン・シンウク統計庁長は「通常、第1四半期は季節的要因で前年度の第4四半期より所得が増加する傾向があるが、今年第1四半期は前期比でも減少した」とし「コロナ19による雇用事情の厳しさ、事業所得の減少などが関連がある」と解釈した。

所得格差は第2四半期はさらに悪化する可能性が高い。コロナ19で臨時・日雇い就業者の減少傾向が4月にも続いたためだ。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官はこの日に会議を主宰し「危機過程を経験しながら所得格差が深刻化する前例を繰り返してはならない」とし「所得分配悪化の主な原因が低所得層の雇用減少であるだけに、雇用市場の安定に向けた努力を続ける」と述べた。

コロナ19の影響は支出部門でもはっきりと表れた。第1四半期の家計支出は4.9%減少しており、これは2003年に統計を取り始めて以来最も低い数値だ。消費支出は287万8000ウォンで6%減少した。品目別では食料品・非酒類飲料(10.5%)と保健(9.9%)支出は増えたが、衣類・靴(-28%)、娯楽・文化(-25.6%)、教育(-26.3%)は減少した。

通常、あまり減らない非消費支出も1.7%減少した。コロナ19の影響で教会に行かなくなり、献金の支出が減ったことなどが影響した。
 

[写真=統計庁提供(貧富の差を表す指標の5分位倍率)]

top