文大統領、産業界と懇談会・・・「ポストコロナをリードする強い意志を持ってほしい」

양정미 기자

登録 : 2020-05-21 16:49 | 修正 : 2020-05-21 16:59

[写真=聯合ニュース(21日、文大統領がソウル江南区三成洞韓国貿易協会で開かれた「危機克服に向けた主要産業界懇談会」を主宰している)]


文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、「企業と政府、国民が団結すれば、新型コロナウイルスによる産業の危機を乗り越え、デジタル経済時代の強者に生まれ変われるものと確信している」と述べた。  

文大統領はこの日、ソウル江南区三成洞韓国貿易協会で開かれた「危機克服に向けた主要産業界懇談会」に出席し、「防疫も経済危機もわれわれが先に克服し、ポストコロナ時代をリードするという強力な意志を持ってほしい」と呼びかけた。

今回の行事は文大統領が主要産業の代表企業とともに産業危機克服と雇用安定に向けた知恵と意思を集めるために設けられ、航空、海運、機械、自動車、造船、石油元売り、石油化学、鉄鋼、繊維の9業種から17社の代表が出席した。

文大統領は医療界と国民みんなが強力して世界が認める防疫システムを作ったように、経済分野でも徹底した経済貿易システムを作っていくと強調した。

また、主力産業保護や雇用を守ることに対する政府の強い意志を明らかにし、雇用を守ることに企業への協力を求めた。文大統領は新型コロナがもたらした産業界の厳しい状況に言及しながら、「政府と経済界の間の協力はもちろん、業種間、大企業と中小企業間、労使間の協力が切実に求められている。産業の生態系全体を守るという覚悟で雇用を守り、産業と経済を必ず再生させねばならない」とし、「政府は経済回復と未来の競争力確保、雇用保護と雇用安全網の拡充に総力を挙げる」と約束した。

先立って政府は5回にわたる非常経済会議を通じてGDPの13%に達する計245兆ウォンを経済危機克服に投入するなど特段を措置を下した。

文大統領は「航空業と海運業に続き、厳しい状況に置かれた企業に迅速に支援するため、40兆ウォン規模の『基幹産業安定基金』を用意し、140兆ウォン規模の民生・金融安定パッケージプログラムで中小企業と小商工人(自営業者)を支援している」とし「雇用安定に向けた雇用維持支援金と無給休暇の支援要件を緩和し、特別雇用支援業種を拡大した」と説明した。

さらに文大統領は、「変化を機会にして挑戦する若者に、より多くのチャンスが与えられてこそ、企業と国家の競争力を高めることができるだろう」とし「企業に必要な人材を育成し、デジタル経済の核心となる力量が強化されることを期待する」と強調した。
 
top