サムスンとLG、テレビコンテンツ市場で「激突」

박수정 기자

登録 : 2020-05-22 16:20 | 修正 : 2020-05-22 16:20

[サムスンとLG、テレビコンテンツ市場で「激突」]



サムスン電子とLG電子がスマートテレビで提供する無料仮想チャンネルサービスを拡大し、競争を繰り広げている。 これは別途のサービスに加入しなくても、多様なコンテンツを楽しむことができるため、テレビ選択の新たな評価基準として位置づけられている。

21日、業界によると、サムスン電子が米国でブルームバーグテレビと提携し、「サムスンテレビプラス」で4K UHDブルームバーグテレビプラスチャンネルを提供することにした。 サムスンテレビプラスで初めて提供する4Kチャンネルだ。 ビジネスや金融プログラムデータなどが含まれたブルームバーグのプレミアムビデオをストリーミングで利用できる唯一のプラットフォームだというのがサムスン電子側の説明だ。

サムスンテレビプラスはサムスンスマートテレビで提供する仮想チャンネルサービスだ。 テレビにインターネットさえ接続すれば、芸能・ドラマ・ドキュメンタリー・ホームショッピングなど多様なコンテンツを無料で楽しむことができる。 別途のサービスに加入したり、アプリをインストールしなくても、スマートテレビをインターネットがつながっているラン線やワイファイに無線でつなげさえすれば、すぐ利用が可能だ。

2015年に初めて韓国で始まったサムスンテレビプラスは最近、米国やカナダなど11ヵ国でサービスを実施している。 ウォルトディズニー・ピクサー・マーブル・スターウォーズ・ナショナルジオグラフィックなどの有名コンテンツ会社と提携し、世界で518つの無料チャンネルを運営している。 国内ではCJ ENMなどと提携を結び、35つの無料チャンネルを提供する。

LG電子も無料コンテンツチャンネルの拡張に積極的に乗り出している。 LG電子は2015年から別途のセットトップボックスなしに、様々なチャンネルを無料で視聴できる「LGチャンネル」サービスを開始した。 最近はCJ ENMの30つのチャンネルを新たに追加した。 オンライン動画サービス(OTT)「wavve」とともに、提供してきた82つのチャンネルを含めると、LGチャンネルが国内で無料で支援するチャンネルは計112チャンネルだ。

海外でも関連サービスを拡張している。 韓国をはじめ、米国、カナダ、英国、スペインなど計9カ国でサービスを持続的に増やしている。 OTTが最も普遍化した北米では約180つの放送チャンネルと2000本以上の映画再放送を提供している。

利用客も着実に増加傾向を見せている。 LG電子によると、LGチャンネルにwavveを初めて公開した18年と比べても、国内顧客がLGチャンネルに接続する回数が3倍以上増加し、視聴時間も2.5倍ほど増えた。

グローバルテレビ市場を占有している国内企業が無料チャンネルサービスを地道に拡大し、海外メディアはテレビを評価する新しい基準として仮想チャンネルサービスを提供している。

グローバル経済専門誌のフォーブスは3月、サムスン電子のテレビについて絶賛し、"ディズニープラス、アップルテレビ、ネットフリックス、アマゾンプライムなど主要ビデオストリーミングサービスアプリがよく整っているスマートプラットフォーム"を評価理由に挙げた。

米情報技術(IT)専門メディアのデジタルトレンドも今月、LGテレビを買わなければならない理由として"人気のある多くのストリーミングチャンネルに接続し、好きなコンテンツを素早く検索して見ることができる"と話した。

最近、サムスン電子とLG電子は無料チャンネルサービスを拡大し、コロナ19で自宅に泊まる時間が多くなった顧客に多様なコンテンツを提供する方針だ。 業界関係者は"今後もテレビでサービスするチャンネルと国などを拡大していく"と述べた。
top