26日からマスクを着用していない乗客は乗車拒否可能

양정미 기자

登録 : 2020-05-26 09:46 | 修正 : 2020-05-26 09:56

[写真=聯合ニュース(26日から公共交通機関を利用する際のマスク着用が義務化された)]


26日からマスクを着用していない人はバスやタクシーを利用できなくなる。

中央災難安全対策本部が25日に発表した「交通分野の防疫強化策」により、26日からバスとタクシーの乗客が乗っている場合、運転手など運輸従事者は必ずマスクを着用しなければならない。

また、乗客がマスクを着用せず、公共交通機関を利用する際は乗車を制限、または拒否することができる。

現行の法令によると、正当な理由なしにバスやタクシー、鉄道乗車を拒否することができない。しかし、今回の措置は新型コロナの状況で感染伝播を防止するため、一時的にマスクを着用していない乗客に対しての搭乗制限を許可する。

乗車拒否の際、運送事業者に下される事業停止や過料などの行政処分もマスクを着用していない人に対しては一時的に免除される。

地下鉄の場合、マスクの着用をいちいち確認するのが難しく、現場管理職員や乗務員などが各駅舎でマスク着用を勧告する予定だ。

乗客がマスクを着用しなかったといって、過料や行政処分を受けることはない。直接制裁できる法的根拠がないためだ。

航空便もマスク着用の規則が強化される。

27日からすべての国際・国内線の航空機でマスクを着用しなければならない。政府は18日から一部の航空会社が個別的に実施している搭乗客マスク着用義務化措置を拡大適用する予定だ。

防疫当局によると、今月24日現在、国内運輸従事者が新型コロナの感染判定を受けた事例は、バスが9件、タクシーが12件などだ。
top