世論調査の結果、70.4%は「尹美香、国会議員辞職せねば」

양정미 기자

登録 : 2020-05-27 15:29 | 修正 : 2020-05-27 15:53

[写真=尹美香氏提供]


共に民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)国家議員当選人が過去、正義記憶連帯の活動と関連して各種疑惑に悩まされている中、尹氏が国会議員職を「辞退しなければならない」という回答の割合が70%に達することが分かった。

27日、世論調査機関のリアルメーターがオーマイニュースの依頼で18歳以上の全国の成人9157人に接触し、最終的に500人に実施した世論調査の結果(無線80%・有線20%)自動回答(ARS)を通じて調査が行われた。標本誤差95%の信頼水準(±4.4%p)によると、回答者の70.4%が「辞退すべきだ」と答えた。

「辞退する必要がない」と答えた割合は20.4%にとどまった。「よく分からない」と答えた回答者は9.2%を記録した。支持政党別では、民主党の支持者のうち半数以上(51.2%)が「辞退すべきだ」と答えた。このうち「辞退する必要がない」と回答した人は34.7%だった。

未来統合党の支持者のうち「辞任すべきだ」という回答は95.8%に達した。現政権の国政運営評価を基準に「非常によくやっている」と答えた人の45.5%が「辞任すべきだ」と答えた。このうち「辞退する必要がない」と答えた割合は43.1%だった。

国政運営を「よくやっている」あるいは「良い方だ」と答えた人の中では「辞任すべきだ」という回答が優勢だった。「よくやっている」と答えた人のうち54.1%が「辞退すべきだ」と答え、「良い方だ」と答えた人のうち70.6%が尹氏の辞退を支持した。

年齢別では「辞任すべきだ」という回答は20代(80.4%)で最も多かった。一方、「辞退する必要がない」という回答は40代(38.9%)で最も多かった。

地域別では「辞任すべきだ」という回答は大田・世宗・忠清(82.8%)で最も多かった。続いて京畿道・仁川(74.5%)、大邱・慶北(71.9%)、釜山・蔚山・慶南(71.2%)、ソウル(67.8%)の順だった。


 
top