現代自の鄭義宣-LGの具光謨、電気自動車同盟の拡大へ

박수정 기자

登録 : 2020-06-19 15:38 | 修正 : 2020-06-19 15:38

[現代自の鄭義宣-LGの具光謨、電気自動車同盟の拡大へ]



鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車首席副会長が具光謨(ク・グァンモ)LGグループ会長に会って、「電気車同盟」を拡大する。

19日、財界によると、鄭義宣首席副会長と具光謨会長は22日、LG化学の梧倉(オチャン)工場の電気自動車バッテリー生産ラインを見回し、電気自動車関連の包括的な協力策について話し合うという。

現代自とLG化学はすでに電気自動車の協力関係だ。 現代自の電気自動車には主にLG化学のバッテリーが搭載される。 2022年に発売される専用プラットフォーム電気自動車にもLG化学が供給会社に選定された。

両社は電気自動車・バッテリー分野の中核技術の力量を事前に確保するため、共同でグローバル有望なスタートアップを発掘するプログラムも作った。

鄭義宣首席副会長と具光謨会長の公式会合は今回が初めてだ。

鄭副会長は先月、サムスングループの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長とサムスンSDIの天安(チョンアン)事業場を訪問し、全固体バッテリーの開発について意見を交わしており、近くSKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長とも会合を行うという。

電気自動車など未来車は「韓国版ニューディール」として政府が育成する産業だ。 政府が送る呼び水に韓国の代表企業も電気車関連の協力関係を深め、呼応しているようだ。
top