コスピ、個人・外国人の買いに1%上昇・・・2130台で取引終了

양정미 기자

登録 : 2020-06-26 16:20 | 修正 : 2020-06-26 16:20

[写真=聯合ニュース(26日、コスピが上昇して取引を終えた)]


コスピが個人・外国人の買いに支えられ、2130台で取引を終えた。

26日、コスピは前営業日比22.28ポイント(1.05%)上がった2134.65で取引を終えた。 2137.47で前取引日比1.19%上昇して出発したコスピは、午前中に2115.25へと反落したが、午後に入って再び上昇した。

個人と外国人が指数上昇をリードした。投資主体別にみると、個人と機関はそれぞれ1061億ウォン、602億ウォンを買い越し、機関は唯一1637億ウォンを売り越した。

コスピ時価総額上位銘柄の中では、サムスン電子が2.70%上がって大幅上昇した。SKハイニックス(0.36%)、LG化学(0.40%)などが上がり、カカオとサムスンSDIは横ばいだった。サムスンバイオロジクス(-0.61%)とNAVER(-0.19%)、セルトリオン(-1.11%)などは下落した。

昨夜、米国では金融規制政策のボルカー・ルールが緩和されるというニュースが伝えられ、米株式市場は上昇した。25日(現地時間)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウ工業株30種平均は前場より1.18%上昇した2万5745.60で取引を終えた。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)500指数は前場より1.1%高の3083.76で、ナスダックは1.09%上昇した10017.00で取引を終えた。韓国市場も米株式市場上昇の影響を受けた。

コスダック指数は前営業日比0.22ポイント(0.03%)上がった750.58で取引を終えた。この日1%上昇で出発したコスダック指数は、取引中に-1%台まで下落したが、午後に入って下げ幅を減らした。

投資主体別には、個人と外国人が109億ウォン、81億ウォンを買い越し、機関が唯一64億ウォンを売り越した。

コスダック時価総額上位10銘柄は、強弱入り混じった状態を示した。セルトリオンヘルスケア(-0.87%)、エイチエルビー(-0.50%)、セルトリオン製薬(-1.98%)などは下落した。アルテオジェン(0.35%)、シージェン(3.96%)、ケイエムダブリュ(5.92%)、CJ ENM(1.02%)、スタジオドラゴン(1.86%)などは上昇して取引を終えた。
top