全経連、「素材・部品・装備の競争力強化のために日本と協力すべき」

양정미 기자

登録 : 2020-06-29 17:04 | 修正 : 2020-06-29 17:04

[写真=聯合ニュース(29日、ソウル汝矣島全経連会館で開かれた「日本輸出規制1年の評価と課題」セミナーに出席した関係者たちが記念撮影を行っている)]


日本の素材(材料)・部品産業輸出規制1年を迎え、フッ化水素など一部の品目では国産化が成功したが、より大きな利益のためには両国間の協力を強化すべきだという主張が出た。

全国経済人連合会(全経連)は29日、ソウル汝矣島(ヨイド)全経連会館で「日本輸出規制1年の評価と課題」をテーマにセミナーを開催した。この日のセミナーには、パク・ジェグン韓国半導体ディスプレイ技術学会長やイ・ホンベ韓国北東アジア経済学会長、ソ・ソクスン韓日経済協会副会長など専門家らが出席した。

全経連のクォン・テシン副会長は「(日本輸出規制から1年間)素材・部品分野の日本依存度を下げ、半導体・ディスプレイの生産には大きな支障をきたしていない」としながらも、「この問題を外交的に解決しようとする両国の努力は依然として不十分だ」と述べた。実際、昨年第3四半期以降、対日素材部品の赤字規模は減っている。

続けて「これまで韓国経済は韓・日・中の分業体制を通じて発展してきており、造船・電子をはじめとするほとんどの業種で韓日企業はグローバルバリューチェーン(GVC)として緊密に連携している」とし、「真の素材・部品・装備の競争力強化のためには日本との協力が緊要だ」と強調した。

参加者たちは中小企業間の買収・M&A(合併・買収)を活性化させたり、素材産業の投資環境の変化を裏付けるなどの選択と集中が必要だと主張した。

漢陽(ハンヤン)大学融合電子工学部のパク・ジェグン教授は、「国内(韓国)企業は日本の輸出規制に素材・部品・装備の国産化と海外ベンダー(販売会社)の多角化で対応した」とし、「その結果、今年1~5月のフッ化水素の日本輸入比重は12%で、前年同期の44%より減少した」と説明した。彼は「しかし、フォトレジストとフルオリンポリイミドは日本からの輸入がむしろ増えるなど、対応結果が異なった」と述べた。

全経連のキム・ボンマン国際協力室長は「全経連は『韓日財界会議』などを通じて日本の経済界と築いてきた30年間の信頼を基に、当面の懸案である韓日間の相互輸出規制の早期妥結および韓国企業家の日本入国禁止措置の解除に向けて最善の努力を尽くす」と明らかにした。
top