新型コロナ影響で5月の企業従事者31万3000人減少

양정미 기자

登録 : 2020-06-29 17:28 | 修正 : 2020-06-29 17:28

[写真=聯合ニュース(都市製造業緊急資金の支援を申請する製造業関係者たち)]


新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で韓国の国内企業従事者数が3カ月連続マイナス減少を示した。特に4月と5月の従事者数は30万人以上減少したことが分かった。

雇用労働部が29日発表した「5月の事業体労働力調査結果」によると、国内1人以上の事業体従事者は1万8309人で、前年同月比31万1000人(1.7%)減少した。従事者数は今年3月に-22万5000人を記録し、初めてマイナスに転じた。その後、4月に-36万5000人など2カ月連続で30万人台の減少となった。

業種別には、先月コロナ19拡大に直撃された宿泊・飲食業が15万5000人(12.1%)急減した。続いて塾を含めた教育サービス業6万9000人、卸・小売業6万3000人がそれぞれ減少した。

製造業の従事者は366万4000人で、前年同月比6万9000人(1.8%)減少した。製造業は3月に-1万1000人、4月には-5万6000人など次第に減少幅が拡大している。

ただ、保健・社会福祉業従事者数は8万5000人、政府の雇用事業を含む公共行政・国防・社会保障行政はそれぞれ5万人ずつ増えた。

正規職など常用職労働者と臨時・日雇い非正規職の労働者数も減っている状況だ。

先月の常用職は14万人(0.9%)、臨時・日雇い職は10万1000人(5.5%)それぞれ減少した。学習誌、教師など特殊雇用職(特別高校)を含むその他の従事者も6万9000人(5.9%)減少した。

規模別には、300人以上の企業は1万3000人(0.4%)増えた反面、300人未満の企業は32万3000人(2.1%)減少した。小規模の零細企業と臨時・日雇い、特別高校など脆弱階層を中心に雇用不安がさらに高まっていると解釈される。

地域別でも従事者数はほとんど市・道で減った中、ソウル(-12万3000人)、京畿(-5万9000人)、大邱(-2万6000人)、慶北(-2万5000人)などの減少幅が大きかった。

雇用部のクォン・ギソプ雇用政策室長は「コロナ19の影響で宿泊・飲食業や製造業など従事者の減少幅が拡大している」と説明した。
 

[資料=雇用労働部提供]

top