​LSエレクトリック、中国ESS市場への進出を本格化…KLNEの持分19%買収

박수정 기자

登録 : 2020-06-30 16:42 | 修正 : 2020-06-30 16:42

[​LSエレクトリック、中国ESS市場への進出を本格化…KLNEの持分19%買収]



LSエレクトリックが中国のエネルギー貯蔵装置(ESS)市場への進出に拍車をかける。

LSエレクトリックは30日、中国代表の電力変換装置(PCS)製造企業のKLNEから生産子会社の常州KLNEの持分19%を、1052万人民元(約18億ウォン)に買収したと明らかにした

今回の契約は昨年、LSエレクトリックが中国のバッテリー企業「NARADA」と締結した包括的事業協力の一環だ。

LSエレクトリックはPCSの核心部品であるPEBBを常州KLNEに輸出し、 常州KLNEはこのPEBBで製造したPCSにNARADAバッテリーを搭載してESS完成品を生産することになる。

LSエレクトリックは常州KLNEに6億5000万ウォン規模の生産ライン・試験設備投資も追加で断行し、国内の技術人材も現地に大挙派遣する予定だ。

中国のESS市場は2018年まで成長が遅れていたが、現地政府が「ニューインフラ」という戦略的政策を発表し、2023年には中国が世界ESS市場の20%以上を占める見通しだ。

LSエレクトロニクスの関係者は“NARADA、常KLNEとシナジーを最大化し、現地でのシェアを高める一方、受注営業の推進も検討している”と述べた。
top