​大韓航空、機内食事業部の売却へ…7日の理事会で最終決定か

박수정 기자

登録 : 2020-07-07 11:30 | 修正 : 2020-07-07 11:30

[​大韓航空、機内食事業部の売却へ…7日の理事会で最終決定か]



大韓航空がコロナ19の事態による流動性危機を突破するため、「キャッシュカウ(現金創出元)」の機内食事業部を売却する。

6日、業界によると、大韓航空はこのような内容を決定するため、7日に理事会を開く。 この席で機内食・免税店事業部の売却案が議論することが分かった。

これまで大韓航空は流動性確保のため、機内食と航空整備(MRO)事業部門の売却などの可能性が提起されてきたが、大韓航空は優良事業とし、否定的な立場を示してきた。

これを防ぐため、ソウル松峴洞の敷地と王山マリーナを保有した王山レジャー開発の持分などの資産売却を進めるのに続き、1兆ウォン規模の有償増資を推進してきたことがある。

しかし、松峴洞敷地の売却がソウル市の公園化方針で支障が生じていることに加え、追加資本の拡充が難しくなり、結局は機内食と免税店事業部の売却を推進するものと分析される。

買収主体には私募ファンドであるハンアンドカンパニーなどが言及されている。 大韓航空の関係者は"まだ公式的に決まったことは何もない"と述べた。

一方、産業銀行と輸出入銀行など債権団は4月、大韓航空に1兆2000億ウォンを支援しながら、来年末まで2兆ウォン規模の資本拡充を要求した。 2日に開かれた基幹産業の安定基金運用審議会では1兆ウォンの追加支援の約束も受けた状態だ。
top