サムスン電子、2四半期の営業益8兆ウォン「アーニング・サプライズ」…半導体が牽引

박수정 기자

登録 : 2020-07-07 11:40 | 修正 : 2020-07-07 11:40

[サムスン電子、2四半期の営業益8兆ウォン「アーニング・サプライズ」…半導体が牽引]



サムスン電子が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散による業績悪化を懸念にもかかわらず、2四半期に善戦した実績を記録した。 Dラムやナンドメモリーなど半導体部門の実績好調で、証券会社のコンセンサスをはるかに上回った。

サムスン電子は7日、2四半期の暫定業績を発表した。 売上は前年同期対比7.36%減少した52兆ウォン、営業利益は前年同期比22.73%増加した8兆1000億ウォンを記録した。

金融情報会社のエフアンドガイドのガイダンスはサムスン電子が2四半期に売上51兆1401億ウォン、営業利益6兆4704億ウォンを上げるものと予想した。

サムスン電子は2四半期にメモリー半導体需要の強気が業績をけん引しており、先月から米国と欧州のオフライン売場のオープンで、スマートフォンや家電製品の売上げが一部回復された。

半導体部門の業績は大きく改善されたものと見られる。 半導体部門はサーバーを中心に需要が改善された。 今年1四半期以降、メモリー全製品の価格の引き上げと出荷量の増加が続いた。

当初、市場では1四半期はコロナ19ショックの影響が制限的だったが、2四半期以降から打撃は避けられないものと予想された。
top