サムスン電子、「アンタクト特需」…半導体、6四半期ぶりに最高の業績

박수정 기자

登録 : 2020-07-07 14:47 | 修正 : 2020-07-07 14:47

[サムスン電子、「アンタクト特需」…半導体、6四半期ぶりに最高の業績]



サムスン電子が半導体部門の躍進に支えられ、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の懸念を払拭した。 コロナ19で「アンタクト(非対面)経済」がむしろサーバ用メモリー半導体の需要をリードし、2018年4四半期以降、6四半期ぶりに最高の業績を上げた。

サムスン電子は7日に発表した2四半期の暫定業績で、売上高は前年同期比7.36%減少した52兆ウォン、営業利益は前年同期比22.73%増加した8兆1000億ウォンを記録したと発表した。

サムスン電子の2四半期の業績は証券会社の予想業績である営業利益6兆4704億、市場の予測値の7兆ウォンを上回った。

メモリーはサーバとPC需要が堅調に続いている半導体部門が全体的な2四半期業績をけん引した。 モバイルとTV、家電など部門は4月、世界的な工場と販売店のシャットダウンの影響で最悪の状況を予想したが、5月から回復し、一部挽回したものとみられる。

半導体部門は2018年4四半期(営業益7兆7700億ウォン)以来、6期ぶりに最高の実績を出したものとみられる。 半導体部門の2四半期の営業利益は5兆ウォンに迫るか、超えたものとみられる。

ディスプレイ部門は主要顧客企業の補償金を含めた一回性の収益9000億ウォンが反映され、赤字を免れたものと推定される。

スマートフォン、生活家電などのセット事業は全般的に低迷だったものとみられる。 スマートフォンとモバイル事業を担当するIM(IT・モバイル)部門の2四半期の営業利益は1兆ウォン台後半で、前年同期1兆5600億ウォンと類似したことが分かった。

CE(消費者家電)部門は営業利益が2000億~4000億ウォンと見られる。

サムスン電子は1四半期の業績発表コンファレンスコールで、"今年1四半期にはソーシャルディスタンスによる「ステイアットホーム」経済成長により、サーバの需要増加があった"、"これは一回性のものではなく、全般的なメモリーの需要を高める構造的な成長だと見ている"と述べたことがある。

2四半期の好実績は長期的にオンラインインフラの構築に対する需要が増え、サーバ用の需要が増えたのが最も大きな要因だ。

サムスン電子は2018年、半導体好況を送った以降、昨年は半導体価格の急落で困難を経験している。 当初、市場では1四半期にコロナ19ショックの影響が制限的だったが、2四半期以降から打撃は避けられないものと予想された。
top