先月の個人向け融資増加量、16年ぶりに「最大」・・・不動産、公募株への資金急増

양정미 기자

登録 : 2020-07-09 13:44 | 修正 : 2020-07-09 13:44

[写真=Pixabay提供]


先月、家計(個人)向け融資の増加量が史上最大を記録した。主要地域内のアパート(マンション)取引量が大幅に増え、住宅ローンの規模が急増した影響だ。一般の信用貸出も、SKバイオファームの公募株請約のために需要が集まり、一時的に急騰した。一方、企業向け融資は季節的要因や融資需要の鈍化などで増加幅が縮小した。

9日、韓国銀行が発表した「6月中の金融市場動向」によると、先月の銀行の家計向け貸出は928兆9000億ウォンで、前月比8兆1000億ウォン増えた。これは韓銀が関連統計を集計し始めた2004年以降、過去6月基準で最大の増加幅だ。

これに先立ち、家計向け貸出は3月9兆6000億ウォン急増した後、4月4兆9000億ウォン、5月5兆ウォンに多少落ち着いた様相を見せた。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)で不動産市場がしばらく萎縮した影響だ。しかし、先月から再び急増傾向に転じた。

これには住宅担保融資が決定的な影響を及ぼした。住宅担保ローン(685兆8000億ウォン)の増加規模は5兆ウォンで、前月(3兆9000億ウォン)より拡大した。昨年同月(4兆ウォン)と比べても高い水準だ。住宅の伝貰(チョンセ)と売買に対する資金需要が続いた余波だ。今年5月、ソウル市内のアパート売買取引量は6000戸で、前月(3000戸)より2倍増えた。 京畿(キョンギ)地域では前月(1万2000戸)より多い1万7000戸が増えた。

韓銀側は「住宅取引が増え、資金需要が高まった影響」とし「中途金貸し出しが扱われ、5月までは増えていなかった集団貸し出しが拡大され、伝貰資金貸し出しも増えた」と説明した。

信用貸し出しなどその他の貸し出しも3兆1000億ウォン急増した。これも2004年以後、6月基準で最大の増加幅だ。6月末、SKバイオファーム公募株の請約ブームで証拠金納入のための資金需要が集中した影響と解釈される。SKバイオファーム公募株請約証拠金は、韓国内IPO(企業公開)史上最大規模の31兆ウォンが集中したりもした。

それに、政府が住宅担保ローン関連規制を強化し、需要が信用貸出に移ったいわゆる「風船効果」も加わった。

韓銀の関係者は「請約証拠金約30兆ウォンのうち、一定比率を信用貸出の資金需要が占めたものと把握している」と解釈した。

反面、企業貸出の増加規模は1兆5000億ウォンで、前月(16兆ウォン)に比べて大幅に縮小した。社債発行環境が好転し、融資需要が鈍化した影響だ。このうち大企業向け貸出は3兆4000億ウォン減少に転じた。中小企業向け融資の増加規模も4兆9000億ウォンに減り、前月(13兆3000億ウォン)より大幅に減少した。個人事業者向け貸出も3兆7000億ウォン増え、前月(7兆7000億ウォン)より縮小した。
top