ポルシェ初の電気スポーツカー「Taycan」、ハンコックタイヤで走る

박수정 기자

登録 : 2020-07-10 15:00 | 修正 : 2020-07-10 15:00

[ポルシェ初の電気スポーツカー「Taycan」、ハンコックタイヤで走る]



ハンコックタイヤ&テクノロジーがポルシェ初の高性能電気スポーツカーモデルである「Taycan」にVentusプレミアムスポーツ(Ventus S1 evo3 ev)を新車用タイヤ(OET)で供給すると9日、明らかにした。

Ventus S1 evo3 evは電気自動車用の超高性能タイヤで、強力な走行性能を具現しながらも、重さと騒音、回転抵抗などを最小化した。 エンジン音のない電気自動車の特性に合わせ、トレッドパターンを適用し、路面の騒音を減らした。

高性能電気車に最適化されたハンドリング性能を提供するのはもちろん、電気モーターに特化された新規の高剛性ビードを適用するなど最高水準の横方向剛性を確保した。 新たなコンパウンド技術を通じて耐久性を極大化した。 温度と時間、圧力などのバランスを最適の割合で具現する技術力で耐久性を確保しながらも、摩擦力と全般的な回転抵抗性能を向上させた。

ハンコックタイヤはポルシェのクロスオーバーユーティリティビークル(CUV)「Macan」、スーパープレミアム・スポーツユーティリティビークル(SUV)モデル3世代「Cayenne」にもタイヤを供給したことがある。

ハンコックタイヤ側は"今回の供給を通じてポルシェが初めて披露する高性能電気自動車モデルのTaycanともともにし、世界的な最上位技術力とプレミアムブランド価値を改めて立証した"と述べた。
top