故朴元淳ソウル市長、雨の中出棺・・・告別式はオンラインで生中継

양정미 기자

登録 : 2020-07-13 09:49 | 修正 : 2020-07-13 09:53

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com]


13日午前、故朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の出棺が雨の中で行われた。国会議員をはじめとする政界関係者や弔問客が葬儀場を訪れ、朴市長の最後の姿を見守った。  

朴市長の遺体を乗せた霊柩車は葬儀場を出発し、ソウル広場に向かった。
 

[写真=聯合ニュース]


ソウル特別市長葬儀委員会によると、朴市長の告別式は午前8時30分より、市庁8階多目的ホールでオンラインで執り行われる。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためだ。

告別式はソウル市とtbsユーチューブチャンネルを通じて生中継される。告別式の現場には遺族や葬儀委員会委員長団、市・道知事、共に民主党の指導部、ソウル市幹部、市民社会代表団を含め、100人ほどに制限された。  

 

[写真=朴元淳ソウル市長の出棺が厳守された13日午前、ソウル市庁から故人の位牌と遺影が告別式場に向かっている]

葬儀委は告別式が終わった後、故人の遺体はソウル追慕公園で移動し、火葬の手続きを踏んだ後、先祖の墓地がある慶尚南道(キョンサンナムド)昌寧(チャンニョン)に埋葬する方針だ。
 
top