[コロナ19] 釜山港入港のロシア船舶で新規感染者32人発生・・・船員33%が感染

양정미 기자

登録 : 2020-07-24 10:27 | 修正 : 2020-07-24 10:27

[写真=聯合ニュース(17日、釜山消防災難本部がロシア船舶に搭乗していた新型コロナ感染者を移送している)]


最近、釜山(プサン)に入港したロシア船舶の船員32人が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の感染判定を受けた。全体船員(94人)の3分の1にあたる。

24日、釜山国立検疫所によると、今月8日に釜山港北港の神仙台埠頭に入港したロシア漁船P号の船員94人を全数診断検査した結果、32人が陽性判定を受けた。残りの62人は陰性が出た。

これにより、今月23日に感染が確認された釜山の船舶修理会社の職員A氏がロシア人船員に感染した可能性が高くなった。A氏は、釜山港に入港したロシア船舶関連の最初の確認事例になるとみられる。

該当船舶は入港当時、乗船検疫が行われており、疑いの症状者はいなかったという。その後、下船を申し込んだ船員がいなかったため、追加の乗船検疫はなかった。このうち、無症状感染者がいたかどうかは確認されていない。

市は、港湾検疫強化措置を行う前に、釜山港に入港したロシア船舶で業務を行った修理会社の職員数を把握している。
top