LG電子、2四半期の営業利益4954億ウォン…前年比24.1%減少

박수정 기자

登録 : 2020-07-31 11:24 | 修正 : 2020-07-31 11:24

[LG電子、2四半期の営業利益4954億ウォン…前年比24.1%減少]



LG電子はコロナ19による不確実性の中でも下半期の実績改善を通じ、前年と同レベルの成果を出すものと予想した。

LG電子は2四半期連結基準の売上高12兆8338億ウォン、営業利益4954億ウォンを記録したと公示した。 それぞれ前年同期比それぞれ17.9%、24.1%減少したが、市場予測値を上回っている。

特に、今年上半期基準の売上額は前年同期比9.8%減少したものの、営業利益は2.1%増加した。

LG電子2四半期の業績は生活家電を務めているH&A部門が牽引した。 H&A事業本部は売上高5兆1551億ウォン、営業利益6280億ウォンを達成した。 当初の証券街で予想した営業利益5000億ウォンをはるかに上回った。

コロナ19の影響で、国内外の売上と営業利益が前年同期比減ったものの、プレミアム製品に集中し、コスト削減を通じた費用効率化で、2四半期と上半期の営業利益率はそれぞれ歴代最大の12.2%、13.1%を記録した。 また、上半期ベースの営業利益率は2017年以降、4年連続二桁を続けている。

特にコロナ19の拡散で、健康と衛生に対する顧客たちの関心が高まり、新家電のうち、スタイラー、乾燥機、食器洗浄機などスチーム家電が業績に寄与したとLG電子は説明した。

TVを担当するHE事業本部は売上高2兆2567億ウォン、営業利益1128億ウォンを記録した。 売上高はグローバル流通売場の休業とグローバルスポーツイベントの延期などによって、前年同期比減少した。

上半期基準の営業利益と営業利益率はマーケティング費用の効率的な執行や原価構造改善を通じ、前年同期を上回ったとLG電子は説明した。

モバイルを担当するMC事業本部は売上高1兆3087億ウォン、営業損失2065億ウォンを出した。 原価競争力の強化など持続的な体質改善で、損失規模は前年同期と前期比減少した。

上半期のプレミアムフォンである「Velvet」発売などに支えられ、売上高は北米と韓国など主要地域でスマートフォンの販売が増え、前期比31.1%増加した。

電装を務めているVS事業本部は営業赤字が続いた。 売上高9122億ウォン、営業損失2025億ウォンを出した。 コロナ19の拡散によって、北米や欧州地域の完成車メーカーの工場稼動中断と新規プロジェクトの量産遅延などによって、前年同期比売り上げが減り、18四半期の営業赤字を記録した。

ビジネスソリューションを担当しているBS事業本部もコロナ19影響を避けられなかった。 売上高1兆3071億ウォン、営業利益983億ウォンを記録し、前年同期対比売上と営業利益共に減少した。

LG電子は在宅勤務やオンライン教育などが広がり、ノートパソコン、モニターなどIT製品の販売は増えたが、各国の移動制限などでインフォメーションディスプレイ、太陽光モジュールの販売は支障があったと説明した。

LG電子は下半期にはグローバル市場の需要の回復などで、業績改善を実現するものと展望した。 LG電子はコロナ19の不確実性の中でも、成長モメンタムを構築し、年間では前年と同レベルの成果を達成するものと予想した。
top