政府「医師会の集団休診、深刻な懸念・・・違法要素には法規定により対応」

양정미 기자

登録 : 2020-08-05 14:26 | 修正 : 2020-08-05 14:26

[写真=聯合ニュース(緊急記者会見を開き、政府に改善を求めている大韓医師協会のチェ・デジプ会長と役員たち)]


医学部の定員の拡大をめぐって医療界と政府の葛藤が高まる中、政府は医師の集団休診について深刻な懸念を示し、対話と協議を通じて問題を解決することを促した。ただ、医師らによる集団行動の過程で違法要素が発生すれば、法や規定に基づいて原則的に対応する」と警告した。

中央災難安全対策本部は5日午前11時、政府世宗(セジョン)庁舎で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の定例ブリーフィングを開催し、医学部定員の拡大および医師の集団休診に対する政府の立場を発表した。

これに先立ち、政府は2022年から年間医学部の総定員を最大400人まで拡大し、10年間は一時的に4000人の医師を養成する計画だと明らかにした。追加で養成された人材は、医師が不足している地方と特殊専門分野、医・科学分野に従事するように決定した。

このような医大定員の拡大は、数年間続いた医師不足の問題が発端となった。また、医師の人材が首都圏など大型都市を中心に集中しており、地方に必須の医療人材が不足し、これが医療の空白につながって患者が被害を受ける状況になったため、医学部の定員拡大への声はさらに大きくなった。

この日のブリーフィングでキム・ガンリプ中対本第1総括調整官(保健福祉部次官)は、「現在、国内(韓国)の医師不足問題はますます深刻化しており、未来のためにこれ以上この問題を放置できない水準に到達した」とし「国内の医師数は13万人水準だが、現在活動している医師数は10万人に過ぎず、OECD(経済協力開発機構)平均医師数(16万人)に比べて絶対的に不足している状況」と述べた。

続けて「地域別にみても、ソウルは人口1000人当たりの医師数が3.1人であるのに対し、慶尚北道は1.4人、忠清南道は1.5人に過ぎず、ソウルの半分にも及ばない地域格差が非常に大きく、地域の医師数不足が深刻な状況だ」とし「国内専門医10万人のうち必須診療科目である感染内科専門医はわずか277人で、小児外科専門医は全国全体で50人にも満たない」と強調した。

このため、医師不足地域と部門に必要な医師を養成し、国民の誰もが公平に医療の恩恵を受けられる医療環境を作るために、医学定員の拡大は必須だと指摘した。

しかし、医療界は反発している。政府の医学部定員拡大計画が拙速な政策に過ぎないということだ。

大韓医師協会は「国内人口1000人当たりの活動医師数の年平均増加率はOECD平均増加率より3倍以上高い反面、人口の年平均増加率はOECDより低く、2038年になると、国内人口1000人当たりの活動医師数はOECD平均を超える」とし「また、必須医療分野や地域の医療人材が不足するのは医師人材が不足しているためではなく、保健医療政策の失敗のせいだ」と主張した。

政府と医療界の葛藤がますます激しくなり、医師たちは現在、集団休診を予告した状態だ。まず、大学病院に勤務する専門医(レジデント)たちは、今月7日に集団休診を宣言し、医協側は12日までに政府が政策を撤回しなければ、今後集団休診を強行するという立場だ。

キム第1総括調整官は「細部的な実行案を樹立するための議論過程で医療界と十分議論し、協力する予定であり、この過程で医療界が提起する医師配置の問題なども共に検討する」と述べた。また「医師協会が要求した協議体などの構成に対しても福祉部はこれを全面的に受け入れ、実質的な議論が進展することを望む」と付け加えた。

さらに「現在、様々な医療団体と会って協議中であり、今後も疎通を続けていく」とし「(医師が)集団休診などを議論することについては深刻に懸念されているだけに、国民に被害を与えかねない集団行動は自制し、対話と協議を通じて問題を解決しよう」と呼びかけた。

ただ、実際に医療界の集団休診の過程で、もし違法要素が発生する場合は法と規定に則って原則的に対応すると明らかにした。
 
top