LG化学-SKイノベーション、今月末バッテリー訴訟戦の初判決…韓国裁判所の「不提訴合意」判断に注目

박수정 기자

登録 : 2020-08-14 16:42 | 修正 : 2020-08-14 16:42

[LG化学-SKイノベーション、今月末バッテリー訴訟戦の初判決…韓国裁判所の「不提訴合意」判断に注目]



LG化学とSKイノベーションの国内バッテリー訴訟のうち、初の判決が今月27日に予定され、その結果に注目が集まっている。

13日、関連業界によると、ソウル中央地方裁判所・民事合意63部は27日、SKイノベーションがLG化学を相手に提起した「告訴の取り下げ及び損害賠償請求訴訟」1審判決を下す。

判決の争点はLG化学が2014年、SKイノベーションと締結した「不提訴合意」を違反したかどうかだ。 フ提訴合意とは紛争当事者らがお互いに訴訟を提起しないことを約束することを意味する。

SKはLG化学が問題を提起した特許訴訟のうち、2次電池のコア素材であるSRS®源泉概念特許が2011年、SKイノベーションとの訴訟で敗訴した特許と同じだと主張した。

当時、LG化学が特許侵害訴訟で相次いで敗れた後、合意を提案すると、これを大乗的なレベルで受け入れたものだが、これを再び持ち出して米国で訴訟を提起したということだ。

これに対してLG化学は米ITCに(追加訴訟を通じて)侵害を主張した特許は過去に韓国で訴訟の対象だったのとは権利の範囲から違う別の特許という立場だ。

当時、不提訴合意の対象は韓国特許であり、今回に提訴した特許は米国特許であるため、いわゆる「特許独立(属地主義)」の原則上、同じとは言えないと指摘した。

LG化学は昨年9月、米ITCとデラウェア州連邦地方裁判所にSKイノベーションをセラミックコーティング分離膜技術特許技術を侵害したと訴えた。

今回の判決は国内外のバッテリー訴訟戦の初判決で、両者の戦略が変化し得るという分析も出ている。

裁判所がSKイノベーションの手を挙げ、SKの要求事項がすべて受け入れられると、LG化学は米ITCなどに提起したSRS®特許訴訟を取り下げ、損害賠償10億ウォンの責任を負うことになる。

韓国裁判所の判決が米ITCに影響を与えることは難しいだろうが、バッテリー技術開発などに国家的支援を受けている以上、これを無視して訴訟を強行するのは難しい場合もあるという解釈だ。

一方、SKイノベーションの主張が受け入れられない場合、LG化学は米ITCの判決前の交渉で有利な位置を固めることができる。 すでに米国ITCがSKイノベーションの早期敗訴の予備判定を下した状況なだけに、交渉価格を高めることができる要素として作用することができる。

業界関係者は"訴訟の結果を予測し難い"と述べながらも、"裁判所の判決以降、両社とも判決を受け入れないだろうと見て、大きな影響を与えないものとみられる"と明らかにした。
top