LG電子、協力会社「スマートファクトリー-デジタル転換」に成果...持続可能な成長の実現へ

박수정 기자

登録 : 2020-09-21 10:47 | 修正 : 2020-09-21 10:47

[LG電子、協力会社「スマートファクトリー-デジタル転換」に成果...持続可能な成長の実現へ]



LG電子が協力企業の製造競争力を強化するために支援してきたスマートファクトリーの構築やデジタル転換が本格的に成果を出している。 LG電子は協力会社と同伴者の関係を構築し、持続可能な成長を実現するという方針だ。

20日、LG電子は今年支援する64の協力会社の自動化率が年末までに40%台に高まって、時間当たりの生産量は20%以上増加すると明らかにした。

昨年比の生産原価は460億ウォン程度削減され、生産工程で発生する不良率は4.3%から3.0%に、1.3%ポイント下がったことが分かった。

LG電子は2018年から毎年、約60の協力社を選定し、製造競争力を高めることができるよう、生産ラインを自動化して生産工程にデジタル技術を適用することを支援してきた。 各協力会社別に3ヵ年計画を立て、体系的に支援を通じてスマートファクトリーを構築できるように支援する。

協力会社の製品の構造や部品設計に変更が必要ならば、LG電子研究所が技術開発も支援する。 また、生産技術専門家は協力会社が生産ラインに効果的な製造工法を適用できるよう、関連ノウハウを伝授している。

コロナ19で困難を経験する2次協力会社がスマートファクトリーを構築する場合にも支援している。 LG電子は今年1次、2次協力会社を含め、約100の協力会社が人工知能(AI)、ビックデータなどを活用してスマートファクトリーソリューションと自動化システムを構築できるように支援している。
top