LGハイフォン法人、歴代最大の売上げ…ベトナムグローバル生産拠点「速度」

박수정 기자

登録 : 2020-09-22 11:27 | 修正 : 2020-09-22 11:27

[LGハイフォン法人、歴代最大の売上げ…ベトナムグローバル生産拠点「速度」]



ベトナムがLG電子のグローバル拠点の生産基地として位置づけられている。 2014年、ベトナム・ハイフォン法人を竣工した以降、歴代最大の売上まで期待している。

21日、LG電子によると、家電製品を生産しているベトナム・ハイフォン法人の売上高と従属法人であるLGイノテック・ハイフォン法人の今年上半期の合計売上高は3兆1970億ウォンだ。 これは前年(2兆2595億ウォン)比41%増加した数値だ。 合計純利益も983億ウォンで、前年比98%増えた。

今年1四半期だけしても、LG電子はコロナ19の直撃で、ベトナム現地工場の稼動時間が減り、売上がやや低迷した。 しかし、2四半期以後、本格的な工場稼動や家電製品の需要急増に善戦した。

2四半期にLG電子のスタイラー、乾燥機、食器洗浄機などスチーム家電のグローバル販売増加が業績をけん引した。 また、昨年、国内で移転したスマートフォン部門の売上が統合され、全体売上高が増加した。 LG電子はスマートフォン事業部の収益性向上のため、平沢(ピョンテック)の設備をベトナム法人に移転したことがある。

LG電子・ハイフォン法人はTV、携帯電話、洗濯機、掃除機、エアコン、車両用インフォーテインメント部品などを生産している。 LGイノテック・ハイフォン法人はカメラモジュールを生産している。

LG電子の家電販売は下半期にも好調傾向を示しており、年間売り上げももう一度記録を更新する見通しだ。 昨年、LG電子とLGイノテックのハイフォン法人の合計売上高は5兆5903億ウォンで、今年は6兆ウォン突破が予想される。

ベトナムに初の研究開発センター(R&D)の建設も推進している。 これはLG電子がベトナム市場を単純生産拠点を越え、戦略基地にするという考えと解釈される。 LG電子は7月、グエン・スアン・フックベトナム首相と韓国企業懇談会で、R&Dセンターの設立を言及した。 これに近いうちに具体的な研究所の位置と規模などが発表される予定だ。

LGグループのディスプレイ生産の系列会社であるLGディスプレイもベトナムへの投資を増やしている。 2016年に設立され、毎年数千億ウォンを投入したLGディスプレイ・ハイフォン法人は現在、資産だけで3兆3673億ウォンに上る。 主に中・小型OLEDモジュールを供給しており、今年上半期はTV販売の不振で、2536億ウォンの純損失を記録した。

LG電子はベトナムの拠点化戦略を通じ、人件費の負担を減らし、成長しているベトナム消費市場を攻略するという方針だ。

ベトナム市場に1995年の進出以来、今年で25年になったLG電子は社会貢献活動も続けている。 現在、ハイフォン市と地域の共存発展に向け、脆弱児童・青少年・青年支援事業を展開している。

メコン川の海水淡水化ソリューション支援事業も進めている。 LG電子・バーチカル事業開発チームはベトナム環境省と国連ハビタット・ベトナム支部の要請を受け、LG電子のエネルギー技術と中小企業の淡水化技術を結合した移動型淡水システムを構築した。
top